簡単な貯金の方法 どうしてもお金が貯まらない人へ

確実に貯金を増やす方法を考えましょう

簡単な貯金の方法

誰でも100万円貯める方法、というのは収入の差も家族構成の違いもありますので、一般的には難しいことが容易に想像できます。ここでは今の収入でできるだけ貯金する簡単な方法を解説します。

毎月の貯金額を予め決める

毎月使うお金から余ったお金を貯金すると、どうしても無理のないように計算してしまいます。最初に必要なものを計算するよりも、貯金したい金額を最初に弾きだして、例えば毎月3万円、それ以外で生活するというような感じですね。

こうすることで収入が安定していれば1年間で36万円の貯金が確実にできるようになります。残ったお金で生活するにはちょっと厳しいかな、と思っても、それでやりくりするしかないんですね。このようにギリギリにしてげないと削減する無駄遣いが見えてきません。

無駄遣いは甘えを断ち切ること

予め貯金の金額を設定しておくと、あとは節約して残りのお金で生活していくことになります。ここでは今まで無駄に使っていた分を節約しないときつい場合が多いです。

無駄遣いというのはある意味すぐに削減できそうなものですが、今まで自由に使ってきたお金だからこそここは切り詰めたくないな、という思いが出てきても不思議ではないですし、何も変ではないので安心してください。

要するにそんな甘えがあると貯金ができないというだけなのです。ここを絞ることで、目標の貯金額を設定して生活費が逼迫したとしても、甘えを切り詰めるだけでいいのです。必要な貯金額を達成するためには甘えの無駄遣いを減らせば無理なく目標達成できます。

銀行に入れっぱなしにする

現金を銀行から出してきて手元で貯金というのはやや難しいかもしれません。基本は銀行から出さないで貯蓄していくか、別の口座に毎月すぐに入れてしまうことです。
こうすることで残高が増えていきますので、毎月の楽しみにもなっていきます。

しかも手が出せないのでお金を使いたい誘惑にも負けにくくなるでしょう。夫婦で貯蓄していくけど意思が弱い場合は、カードを持つ人と暗証番号を知っている人に分けておくといいですね。ふたりがいるときだけ出金てきるようになります。ここまでする必要はありませんが、これもひとつの案です。