30代の貯金平均額は? 貯蓄、資産

30代社会人の平均貯金額

30代の貯金平均額は?

4年制大学を卒業してもう10年が経つ30代の貯蓄額というのがかなり皆さん気になっているようですね。30代では昇給もしているでしょうし、役職も付いている歳で、仕事もバリバリしている可能性がとても高い年代です。貯金の平均額はいくら位なのでしょうか。

30代の貯蓄額の平均

30代の貯金額の平均は330万円だそうです。
ただし上下幅が激しく、50万円以下という人が15%、1000万円以上という方が15%とかなり差がありますね。平均値ですから、低い人も高い人もいるわけで、330万円あれば30代の平均的な貯蓄額だから安心というわけではありませんし、逆にそれ以下だった場合ヤバイ、ということもありません。

年収によって貯金額が違うのはあまりない

30代になると上場企業であるかどうか、役職に付いているかどうか、またインセンティブなどがついている高給の方など、20代とは違う年収差が出てきます。

しかし統計で見てみると年収が高いからと言って貯金額が多いということにはならないのです。
例えば高収入で年収1000万円以上あったとしても、都心に住んでいて家賃が高い場合や外食が多かったり付き合いが多く出費がかさむ場合は手元に残る金額は少なくなりますので当然貯金額も減ります。

また年収が300万円だとしても実家に住んでいて生活費がとても少なく済む場合などは貯蓄に大きく回せるため実家暮らしの社会人の貯蓄額は多くなるでしょう。

いかに貯蓄しておくかが鍵

年収が高いから安心とか少ないから貯蓄できないということはなく、毎月一定額をいかに貯蓄していくかがとても重要になります。

30代までに平均の貯金額330万円を達成するためには会社に入ってから10年だとすると、年間30万円貯金すればできてしまいます。毎月3万円以下の貯金で入社10年後には30代の平均貯金額になってしまうのです。

例えば手取りが15万円だとしましょう。ここから3万円を貯金するのはとても大変なことですが、実家ぐらしであれば問題金額です。また、昇給したりボーナスが出るときに穴埋めするようにして平均毎月3万円貯金すれば10年で30代の平均貯金額を達成できる可能性はぐっと近くなります。

結論としてはコツコツ続けること、30代はいきなり来るというわけではないことです。30代になるまでには社会人になってから何年もの時間がかかっていて、その間の給料を得ているわけで、30代までにいかに貯金継続できたかで平均を超えるかどうか、ということになるのです。