500円玉貯金のコツと現実 効率よく貯める方法

500円玉貯金箱を満杯にする方法

500円玉貯金のコツと現実

昔500円玉の缶の貯金箱が流行りましたよね。これは今でも思い立った時に500円玉貯金しよう、となんだかやる気が出てくるんですよね。しかし多くの方が貯金箱を買ったものの、完全に入りきらないまでに500円玉貯金ができた方はどれくらいいるでしょうか。多分それほど多くないはずです。ここでは500円玉貯金のコツとその現実を解説します。

500円玉を増やす方法

ポイントはいかに500円玉のおつりをもらうかです。よって、1000円を出したとしたら501円以上の買い物をしないほうが500円がお釣りとして返ってくるのです。
それ以上の金額でもそうです。硬貨の端数が501円以上になるような会計をするとなかなか500円玉は返ってきません。積極的に貯金箱を埋めたい場合はここに気をつけてましょう。

また500円玉貯金のコツとしてとにかく紙幣で支払ってお釣りをもらうことです。これに尽きます。

お金を使って500円玉を得る?

もうわかりますが、お金を使ってお釣りが返ってくる、その中の500円だけを貯金するためなかなか貯まりません。しかもお金は消費していますから、貯まるスピードは早くならないのです。

言い方を変えると、消費によって発生した残りカスの中からたまたま出てくる500円だけを貯金する、という図式が思い浮かぶでしょうか。

全ての小銭を全部貯金する

実際に500円玉貯金をしはじめると、なかなか500円がたまらず、100円や10円が多いことに気づきます。これはどうするか、というとこのまま全部貯金箱に入れてしまいましよう。500円玉貯金箱に入れる必要はありませんが、別の貯金箱に入れて、端数をお釣り500円になるように調整するために使いましょう。

そうすることで無駄な紙幣を取り崩さずに済みます。500円玉貯金をすべく紙幣をどんどん使いはじめると貯金どろこか消費が大きくなりますし、そもそも500円玉は数多く戻ってくる硬貨ではないことがわかると思います。

小銭全部を貯金したほうが貯まる

このように500円玉だけで貯金しようとしたら目標の30万円や50万円という数字はなかなか達成できません。しかし小銭全てを貯金箱に入れてしまうともっと早く貯まります。
これじゃ500円玉貯金じゃないじゃないか、となりますがそれほど500円玉貯金は難しいと思ってもらえればいいと思います。

500円玉貯金のコツまとめ

では最後に500円玉貯金のコツをまとめます。

  1. お会計は硬貨端数が501円以上にならないようにする
  2. 小銭を使ってお釣りを500円ぴったりにするよう調整する
  3. 持っている500円で支払えたとしても紙幣で支払う

何だか貯金しているのか500円玉集めしているのかわからなくなってしまいますね。