30歳で手取り20万円 年収300万円以下

30代で手取り20万円で生活できる?

30歳で手取り20万円

毎月の給料は年収とは違って色々と天引きされたものがあり手取り収入が計算されます。年収は高くても実際に手にできる金額はとても少なく、よくこれで生活しているな、と思う時があるのではないでしょうか。しかもボーダーラインでもある30歳超えても手取りが20万円程度しかないと、よく考えると大丈夫なのか、少なすぎないか、と心配するものです。それは本人だけでなく結婚相手などもそう感じているかもしれません。

30代で手取り20万円は少ないのか

実際30歳を超えても手取りが20万円くらいというのは珍しいことではありません。基本給がいくらかによってボーナスがどのくらい出るのかが変化してくるでしょう。手当ばかりがついているとなかなかボーナスが大きくならないということはあるようです。

そしてボーナス自体がしっかり出ているのかということも大切ですね。ボーナスがほとんど出ないような給料のシステムになっている場合、年収300万円以下は確実になってしまいます。ただしボーナスが例えば基本給の1倍から1.5倍程度出れば、年収300万円くらいにはなるでしょう。これくらいあると一応の生活はできるはずです。

手取り20万円では贅沢はできない

当然ですが手取りが20万円では贅沢はなかなかできないことが多いようです。
都内で暮らしていると仮定します。

ここだけで131,000円もかかっています。洋服代や書籍、ちょっとしたお菓子などを買うお小遣いを考えても、けっこうギリギリな感じですね。

30代であれば結婚しているかもしれません。配偶者がいる場合は専業主婦の場合さらに食費や通信費が掛かる可能性がありますし、洋服代も少し多くなるかもしれません。

また生命保険などの掛け金もかかってきたり、冠婚葬祭や急な病気のためのお金も貯金していく必要があります。このように考えると30代で手取り20万円というのは意外とギリギリに近い金額である場合が多くなりそうです。

夫婦共働きが良い

30代で手取りが20万円という場合、今まで昇給がなかったことを考えると、今後もこれ以上高い手取りは望めないでしょう。
やはり結婚している場合は夫婦で共働きをする必要があります。

子供ができたとしたら、奥さんは働けなくなってしまうのでそれまでにできるだけ貯金しておくことです。出産費用などもかかりますし、今後の進学や子供のための衣食住を考えるとさらにお金がかかります。

手取り20万円だとしてもしっかりと貯金している人は多いので、無駄なものは切り詰めていきましょう。例えばスマホをガラケーにしたり、お小遣いを減らすなどです。

夫婦共働きで奥さんがパートに出たとしたら毎月5~6万円の収入増です。今まで毎月1万円貯金していたものにプラスすれば、年間で100万円貯金することも夢ではなくなります。もし奥さんが正規雇用で働いていればさらに収入は上がります。どう考えても共働きのほうがメリットは大きいんですよね。

30代で手取り20万円なら副業も視野に入れる

30代で手取りがたった20万円で他人よりも少ないほうだ、と考えるのであれば、他人と同じくらいかそれ以上に収入を増やせばいいだけです。嘆いていても手取りは増えません。
もし会社で頑張れば昇給するのであればそれがベストでしょう。

しかし今まで30歳になるまでなかなか手取りが増えていないとしたら、副業を始めるいい機会としてとらえたほうが良い場合もあります。

例えば不要品をオークションで販売したり、ブックオフで100円以下で本を買ってアマゾンで販売するせどり、ブログを作って広告を載せるアフィリエイトなど、アルバイトなど以外にも副業の道は広がっています。

自分で収入を作っていくという方向性も考えると、手取り20万円から先が見えてくるかもしれません。