クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査基準と落ちる理由

クレジットカードの審査基準

クレジットカードに申し込みたいけど、どんなことを審査されるんだろうとちょっと不安になりますよね。もし審査に落ちたらどうしようとか。実際にクレジットカードの審査会社が見ている部分を解説していきます。

定期的な収入があるかどうかがポイント

クレジットカードは支払はカードでしたあとに、その使用分をあとで銀行から引き落とすため、後払いのようなイメージなのはわかると思います。
実際にはこれはクレジットカード会社が会計時に立て替えるため、その分の信用があなたにないとクレジットカードの審査には落ちることになります。

ですから、まず基本的な審査基準として、定期的な安定した収入があるかどうかがポイントなのです。派遣社員だと一応大丈夫だと思いますが、契約社員だとすぐに首を切られる可能性もありギリギリ審査に通らない可能性が高まります。

またアルバイトや学生などで実家に住んでいればまだ大丈夫なカードもありますが、基本的には安定した収入があるかどうかが一番重要な審査基準になることは覚えておいてください。

遅延履歴があるかどうか

銀行の現金がはいっていなくてカード会社から引き落としができなかった場合など、カードの支払い遅延が起きた履歴が残っていると審査に落ちる可能性が高くなります。特に数回やっているような常習犯の場合は落ちる可能性大です。

数年間はブラックリストに名前が載りますので覚悟しておいたほうがいいと思います。このブラックリストはただどんなことがあったかだけを記載しているので、別に普通に生活している分には全く悪い影響はありません。ただし車のローンや住宅ローンが組みにくくなるなどの弊害はあります。

現在借入があるかどうか

現時点で借入がある場合は審査に落ちるかもしれません。特に返済遅延があればさらに落ちる可能性が高まります。
借入があるということはカードの支払いもできないという当然のことです。ただし車のローンや住宅ローンなどは別であることがほとんどです。

ゴールドカード等のステータスカードの審査基準

ゴールドカードなどのステータスがあるクレジットカードの場合は、持ち家かどうか、勤続年数、年収、職業、さらには年齢なども考慮されます。最近は年齢の制限がなくなってきていますので、それ以外でカードにふさわしい人が審査基準に設定されています。

例えばですが年収500万円以上であるとか持ち家であるとか、勤続年数5年以上など、ある程度会社に勤めている人であればハードルを超えられそうだと思います。
最近はステータスカードも審査基準を下げていますので審査には通りやすくなっているはずです。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。