優越感に浸れるクレジットカード ゴールドやプラチナ

優越感を感じるクレジットカード

優越感に浸れるクレジットカード

クレジットカードにはステータス性があり、ゴールドカードやプラチナカードなど会計のときに出すだけで気分が良くなる、さりげなく自慢できるカードがあります。
その中でも特に優越感が感じられるものをご紹介します。

アメリカンエキスプレスカード

アメックスのカードはグリーン、ゴールド、プラチナと続き、世界の大富豪のみが持てるブラックカードがあります。これら全てのデザインが同じでカラーが違います。
アメックスカードの場合はカードデザインが秀逸で、グリーンの一般カードを使っていても使い心地は良いです。

デザインが良いことは単純に優越感を感じられるひとつの要因であり、とても重要です。

さらにアメックスカードは保険内容のレベルが高いことやコンシェルジュサービスを利用できることで旅行やレストラン予約などかなり柔軟にわがままを聞いてもらえます。

アメックスゴールドカードが見た目に一番良い

アメックスカードの中でも特にゴールドカードは見た目にもわかりやすく、年会費は27300円とそれほど高くありません。月換算すると1ヶ月2000円ちょっとです。無駄な買い物や飲み会、スマホ代なんかと比べるととても良心的な価格ですね。

プラチナカードはプロパーカードと見間違えてしまうことも

アメックスのプラチナカードは一般人が持てる最高峰のカードとも言われています。ただし見た目がグレーですので、クレジットカードを知らない人には一般の普通カードとして捉えられる場合があります。ちょっと悲しいですね。

ただし様々な特典がついていて富裕層であれば恩恵はとても大きいものになります。年会費は136000円と一気に高くなりますがそれ相応の特典やサービスが受けられます。
プラチナカードは入会審査はなく、一般公募ではありません。まずゴールドカードを取得して、その後招待されるまで待ちます。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ダイナースカード

ダイナースカードもステータス性の高いクレジットカードです。ただ普通のカードはアメックスのプラチナ同様グレーなので一般カードと思われがちです。ただし年会費は16000円となっています。サービスや特典、保険内容もとても充実していて、特に飲食店系への力はかなりあります。

ダイナースプレミアムカード

ダイナースのブラックカード、プラチナクラスのカードと言われているのがプレミアムカードで、カードは黒になっています。最近はcitiマークがついてちょっとダサくなったというのがダイナースを昔から使っている人たちの間では言われていますが、それでも黒いダイナースは魅力的です。

年会費は52500円とお手頃です。ただしダイナース自体使えないお店があることは事実であり、最近はあまり人気がないかもしれませんが、ステータス性という意味ではとても高いカードになっています。