30代なかばで入る保険は何がベスト? 生命保険・がん保険

30代なかばが入るべき保険とは

30代なかばで入る保険は何がベスト?

30代なかばに差し掛かってきて、当然保険に入らないとそろそろまずいよな、と思う時期に来ている人は多いと思います。女性の場合は女性特有のガンなどの病気が10代からでも考えられるため、もし30代以降の人であれば確実に女性向けの保険は入っておくべきです。

では男性はどうかというと、30代では大きな病気にならないという油断があって、保険にはいっていない人もいるようです。そんな私もそろそろ保険入らないとまずいよな、と思うようになってきたので、30代なかばで入るべき保険はどんなのか、そして入らなくてもいい保険はあるんじゃないか、ということも調べました。

生命保険は受取人が必要かどうかを見極める

生命保険に入る人が多いですが、そもそも死亡したときに生命保険金が入った方がいい、入らないと遺族の生活ができなくなる、という場合は必須だと思います。30代なかばであれば子供がいて、今後大学に入学などお金がかなりかかることが予想される場合は生命保険の保険料が高くなっても保険金が多くもらえたほうがいいですね。

これはファイナンシャルプランナーと相談していくらくらいの保険金が入れば子供の就職までカバーできるサポート金額がもらえるかを相談しましょう。

このとき重要なのは、生活費、学費、遊興費などすべてを生命保険金でまかなうのは間違っているということです。妻が働いて生活費を稼ぐ以外にそれをサポートする金額と考えましよう。そうしないと毎月の保険料が非常に高くなってしまいます。

病気関連は入るかどうか微妙な所

大きな手術をする場合は、高額医療費制度を利用すれば、国からの補助金がでるので実は底まで多額の医療費がかからない場合があります。医療保険はある意味安心料という意味合いがつよくなるかもしれません。

そこで考えておきたいのは、入院した時の入院費が日額出るものがあると便利ということです。ただしこれも入院日数何日以上の場合に、という条件がつくはずなのでそこだけ注意です。というのも、最近は入院しても最短日数で退院させるというスタンスが多く、長期間入院することがないからです。

5日以上入院したら1日1万円出る、というもので、実は手術してても3日の入院で終わり、ということは多々あります。このへんも注意して選んだほうがいいですね。

がん保険は微妙

がん保険も入っていれば手術や入院費用が補助されるので助かりますが、これも条件があって、ガンがかなり広がっていた時、手術の内容もハードなとき、というようなものが指定されていることも。また全てのガンに対応していない場合もあるため、がん保険に入ったとして自分が癌になっても条件に当てはまらない場合もあるんですね。

オールマイティーで全部カバーさせようとすると当然保険料が高くなるので困りモノです。がん保険に関しては女性の場合はかなり有効に効くことがありますが、男性の場合はどうかというとちょっとむずかしいかもしれません。

軽度な場合は保険金が出ない場合があるからです。そもそも早期発見で軽度な状態で切除してしまえば感知しますから、がん保険にかかわらないようにして生きていければベストですね。個人的には安いがん保険に入っていればいいかなと考えるようになりました。

わからないことはファイナンシャルプランナーに相談する

基本的にわからないことは全て保険の窓口などにいるファイナンシャルプランナーに聞いてしまえばよいでしょう。基本的に保険は条件がついていて、ほとんどそこにひっかからないことが前提で作られています。全員が保険金を受け取れるような甘い条件だった場合保険会社が成り立たないからです。

ですから、本当につけておくべき保険はどれなのか、ということほファイナンシャルプランナーと一緒に保険商品を見ながら検討しましょう。