結婚後の保険の見直し 結婚後に保険の見直し

結婚後の保険の見直し

結婚後の保険の見直し

保険というのはライフスタイルが変わったら都度見直すべきものです。というのも独身の時と結婚した後というのは必要な保障内容や金額が違うからです。特に一番の大きな節目としてはまず結婚があるでしょう。その次に出産です。まずは結婚後どのように保険を見直すかを考えていきましょう。

夫婦共働きの場合の保険の見直し

今のところ夫婦共働きの場合は同じままでも大丈夫です。ただ加齢とともに病気関連の罹患率は高まりますので、例えば最小限のがん保険に入るのがよいでしょう。

その場合にお薦めできないのは特約でガン保障をつけてしまうことですね。メインの保険に癌保証特約をつけてしまうと、例えば出産後子供ができてから保険を変えようと思った時にメインの保険を切ってしまうと同時にガン特約もなくなります。

もし身内に癌になつて人がいれば、がん保険は別途加入しておいた方が安全かもしれません。

保険とはまた別の話になっていきますが、老後は保険料を下げて保険金額も下げていくのが通例ですので、その時に使うためのお金を今から貯蓄しておくのも手です。ここは蓄財効果のある養老保険等ではなくて自分で積み立てておいたほうが無難です。

夫婦共働きの特徴としてはどちらかに不幸があってもどちらも働いているので早急に資金面で困ることがないということです。だから逆言えばムダに高い保険金が降りる保険というのに入っていたら、これは見直す必要性が高いということです。

専業主婦の家庭の場合の保険の見直し

専業主婦だから特に保険に入らなくて良い、ということもなく、女性の場合は病気になる可能性がとても高いため、最低限女性特化保険には入っておいたほうがよいでしょう。
旦那さんもいざというときのために病気関連の保険と死亡保険はどうじに入っておくことをお薦めします。

というのも、共働きなら旦那さんが死亡ねとくは働けなくなったとしても奥さんが働いてある程度の生活資金が稼げますが、主婦の場合は働き始めるまでの時間がかかりますし、正社員雇用が難しい現状を考えると、ある程度の期間生活できるくらいの金額を保険金額として用意できるとベスト。

もし今入っている保険の保険金額が少ないなと思ったらすぐに保険の見直しをしましょう。

結婚後はふたりで保険についてじっくりと話し合う必要がある

結婚後、子供をつくらないという選択肢も当然ありますから、今後の退職、その後の人生等々をふたりでじっくりと話す必要があります。これはずっと収入保障があるわけでもなく、いつどんな病気になるかわからないということ、将来の退職金の有無などを考えて、定年後にはいくらの保証があれば保険としてよいか、など将来を見据えた考え方で考えてください。

例えばこれらの考え方がふたりで出した答えだとしても間違っている可能性もあります。そもそも保険自体が数百万円以上する買い物ですから、間違えたくはないと思います。しかし大抵は抜けがあったりするので、専門家を挟んでどうするか相談します。

そんなときに便利なのが無料で相談できるファイナンシャルプランナーです。彼らは保険加入をしてくれるとその手数料として保険会社から収入を得ているため、私たちが相談するのは無料です。ですから事前にどうするかを夫婦で考えておいて、ある程度の道筋を描いておきます。その後、無料のファイナンシャルプランナーに提案してもらって、最終的にどの保険が今の自分たちにベストかを決めるのが最も賢い方法です。

無料のファイナンシャルプランナーは保険マンモスというほけんの窓口サイトから探すことができます。

保険は年齢を重ねるごとに保険金額が高くなるので、早めに相談するのがお得です。