子供が生まれたら保険の見直し 出産で保険の見直し

子供が生まれた時が保険の見直し時期

子供が生まれたら保険の見直し

子供が生まれたとき、これが最も大きな保険の見直しだと思います。なぜかというと、学費が今後22年間の間に必要になり、その金額は数千万円レベルにまで大きくなる可能性があるからです。そのほかにも生活費等々が大きくかかってきますから、当然ですが保険金額は多くするように見直しする必要があるのです。

死亡保険金などを期限付きで大きくする

子供が生まれた時の保険金は基本的に死亡保険金がメインで大きくしておけばよいでしょう。例えば22歳で大学卒業するまでに必要な金額が保障できるレベルの保険金を設定する保険に見直すのが一般的です。

この場合、メインの保険を変えるのも場合によっては良いですが、期限付きの特約で付けるという手もあります。子供が22歳になるまでの年間契約で特約をつけていきます。

二人目の子供ができたらさらに契約期間を伸ばす

二人目の子供ができたら、さらにその子供が22歳で大学を卒業するまでの間という感じで延長していきます。基本的に子供が生まれて将来のことを考えていくと保険というのはこのように毎回見直していく必要があります。

また死亡保険金たけでなく何かしらの障害、病気等々も同時に入れる余力があれば入っておくのも手です。これは無料の保険相談ができるので、つけたほうがよいかどうか、というのはファイナンシャルプランナーに相談して、今の家計や今後の収入等々を吟味して加入すればよいでしょう。

無料のファイナンシャルプランナーは保険マンモスというほけんの窓口サイトから探すことができます。

保険を減らす必要性も出てくる

例えば収入と子供の生活費や学費を考えると支出の差がほとんどなくて保険に加入できるほどの資金が出てこない、という場合は最小限の保険で備えるということになります。

将来の収入予測があったとしても今生活できないのであれば保険には入れません。保険も同じですが、収入に対する見直しなども積極的に考えていく必要があるでしょう。
これに付随して、主婦ではなくパートに出るなどして家計を助けていくという選択肢もかなり重要になるはずです。

保険見直しの保険マンモスはこちら。