介護すると多く遺産相続できる? 遺産相続と介護

介護した人が多く遺産相続できる?

介護すると多く遺産相続できる?

親の介護や入院中のお世話など、兄弟が何人かいると全員ではなくほぼひとりが面倒を見ることが多くなります。介護というのはとても大変で、本人もその介護する人も津肉体的にも精神的にも疲れてしまいます。そんな介護をしたあとに親が亡くなった場合の遺産相続は子供均等に行き渡らないようにできるのでしょうか。要するに介護した人に多く遺産が貰えるようにはできるのでしょうか。

結論としては『できない』

介護したのちに親が亡くなった場合、特に親の世話をしていた人が遺産相続で多くもらいたいとうのは当然の主張です。介護の期間が長くなればなるほどこの思いは強くなるでしょう。

しかし実際は遺産相続は均等に分けられますので、主張したところで原則は多くなることはありません。

しかし本当に他の家族が介護してくれたことに対してありがとうという気持ちがあれば、どのくらいの割合で分けていくかを話し合う機会は出てくるでしょう。このようにお互いに調整していくことで、介護した本人へ遺産を多く相続できるようにするのがベストです。

遺産相続は実際にもめる

遺産相続ではドラマで兄弟同士で揉めているシーンがよく出てきます。実際は兄弟が仲良いし、遺産でもめることはないだろうと思いがちですが、多くの場合は揉めてしまうというのです。

揉めないケースとしては、遺産よりも負債が多くて相続放棄することや、遺産自体が殆ど無い場合、相続する側が安定した職について安定的な収入がそれぞれ全員にある場合などです。これらの場合はあまりモメることはないでしょう。

ただし莫大な遺産ともなると、その場ではモメなくても、内心もっとうちが欲しかった、とお互いに思うことはあるでしょう。

介護はどうしても特定の一人が負担してしまう

親の介護についてはどうしても近所に住んでいたり同居している人の誰かが一点集中で負担をすることになります。兄弟全員で面倒を見れる環境にあれば良いですが、現実的に考えるとなかなかそういうこともできないでしょう。

その場合は金銭的な援助をするなどして直接介護を手伝えない場合のサポートをすべきです。遺産相続でもめる場合は、介護を自分だけでずっと耐えてきた、と思い込んでしまうところです。実際にひとりでやってきたことには変わりありませんが、ストレスが大きくなってその思いも大きくなってしまうのです。

介護をすることで遺産相続の割合が大きくなることは基本的にはないので、最後は遺族での話し合いが重要になります。