世界最大級の地震はマグニチュード10

考えられる最大の地震の強さはマグニチュード10だそうです

世界最大級の地震はマグニチュード10

今まで経験している地震を上回る地球規模の地震が起こる可能性があるとしています。それがマグニュード10です。これは東日本大震災の32倍の強さだといいますこのような地球規模の地震が起こるとどうなってしまうのでしょうか。

そもそもマグニチュード10というものはどんなものなのでしょうか。日本だけでなく地球規模で被害が出る最大規模の地震の強さについて見ていきましょう。

過去最大の地震はマグニチュード9.5

過去地球で起きた地震で観測記録が残ってるのは1960年にチリで起きたマグニチュード9.5です。これは今までに体感したことのないような衝撃でした。
これが最大の地震で、世界に津波を起こしたスマトラ沖地震は9.1~9.3ほど。

東日本大震災はマグニチュード9でした。今回発表されたマグニチュード10というのはこの地震の32倍の強さにまでなるとのことです。

マグニチュード10の威力とは

この予測は地球の大きさやプレート境界のズレなどから算出したようです。北アメリカから日本の南までのプレート8800mが20mずれ動くことでマグニチュード10の地震が発生します。
さらに揺れは最大で1時間続き、揺れている間に大津波が予想されるそうです。

東日本大震災とは違う規模の津波が何日も続くそうで、マグニチュード10の地震が起きてしまうと確実にに地獄絵図と化してしまうことが予想されます。

本当にマグニチュード10の地震が起きてしまうのか

実際に大丈夫だろうと思っていて東日本大震災は8までの予想だったものが9が来てしまいました。このように予測は大きく外れることがあるのです。
だからマグニチュード10の地震が起きるだろうと予想が出ていますがこれは最大のものであって確実に起こるものでないですし、タイミングが最悪であれば10以上の壊滅的地震が起きてしまう可能性もあります。

要するにマグニチュード10が起こるかどうかは未知数であり、しかし現実として起こる可能性は十分あるのです。あり得ないことではないということで、想定してどうすればよいか、どのような事が起こるのかを事前に知っておく必要があるということです。

これは防災だけでなく、耐震強度や津波対策、電力施設の耐震化などを今すぐにでもマグニチュード10のレベルで対応できるように対策する必要があるということです。