スーパーマーズの見方と観測方法 大接近

スーパーマーズとは

スーパーマーズの見方と観測方法

スーパームーンと同じように、火星が地球に再接近します。2016年5月31日に火星が地球に最も近くなるスーパーマーズが見られるようになります。

しかも火星が通常の5倍の大きさで見られるというから驚きですね。しかし火星を見ると言っても肉眼で見たことがある人はほぼいないでしょう。スーパーマーズの見方がわからないという方はかなり多いのでこで詳しく解説しておきますね。

スーパーマーズを見る方法

2016年5月31日のスーパーマーズは中接近程度。距離としたら7,528万kmです。一応肉眼で見ることができます。

ではどれくらい火星が見えるのか、というと、最も輝いている星であるシリウスという星がありますが、今回のスーパーマーズの火星はされを上回る光度であり、しかも赤く光っているため肉眼でもはっきりとスーパーマーズを観測することができます。

正直火星が赤く輝いているのを見ると、宇宙の美しさに魅了されますよ。

何時からスーパーマーズが始まる?

スーパーマーズの見方
2016年5月31日、夕方の6時からスーパーマーズが出てきます。
そしてスーパーマーズのベストタイムは20~21時頃。

スーパーマーズの方角

スーパーマーズの方向は、南東です。

南東を見ると赤く輝いている星が見えるはず。これが火星であり、5月31日に接近するスーパーマーズです。

赤い星が火星、スーパーマーズ

スーパーマーズの見方
20時頃から一気に赤く輝き出すので、すぐにスーパーマーズであることがわかると思います。望遠鏡を使わなくても火星の存在がわかるので南東の空を見てみてください。

当然天体望遠鏡を持っていれば火星の地表までどんな感じか見ることができます。スーパーマーズを機会に火星の観測をしたい方はぜひ天体望遠鏡を使うか、観測イベントが各地で行われているためそこに参加して観測するのがお薦めです。

火星が赤く輝く理由

赤く輝く火星は火星の火星の地表を酸化させるためにそう見えるのだそうです。不思議ですね、赤く燃えるように見えるからそのまま火星というイメージがつきやすいですよね。

次のスーパーマーズはいつ?

2016年5月31日の次は2018年です。しかも次は2015年よりもさらに2000万kmも近づく5759万kmです。

この差はかなり大きく、火星をより身近に感じることができます。それまでに観測用の天体望遠鏡などを揃えておくのもお薦めです。