タイピング ソフト、コツなど

タイピング初心者のめたのお薦めソフトやコツのご紹介

タイピング

仕事をするとき、自分のブログを書くときなど、キーボードを使う機会は10年ほど前に比べて飛躍的に多くなってきました。
ブラインドタッチ(タッチタイピング)が出来るのと出来ないのでは、全てにおいて時間が短縮できます。

タイピングの種類

タイピングの種類というのは大げさですが、日本語でキーボードを打つ種類は2種類あります。まず一つ目に「ローマ字」、そして「かな」です。

ローマ字は、キーボードの左上に書かれている文字を使ってタイピングを行います。一方かなはキーボードの右下に書かれている日本語を使ってタイピングします。

どちらが早い?

ローマ字でのタイピングは、ローマ字の特徴である母音と子音に分かれますので、最高で3つのボタンを押さないと日本語に変換できません。
一方、かなでのタイピングは直接ボタンを押せば日本語が表示されますので、最低1ボタン、最高で2ボタンで表示させることができます。

つまり、タイピングの大会やランキングサイト、検定などではかな入力が若干有利になります。

タイピングを極める

自分にあったタイピング方法を見つけたら、素早くキーボードを打てるようになりたいですよね。
タイピングの練習方法は沢山ありますが、さすがにタイピングの練習でタイピングソフトを購入したり、タイピングのフリーソフトをダウンロードしてくるのは面倒、という人には無料で気軽にできるタイピング練習方法があります。

歌詞タイピング

ソフトも何も使いたくない、という方で音楽を人並みには聞く、という人にはもってこいの練習方法です。
パソコンでメモ帳やワードなどのソフトを立ち上げて、準備ができたら歌詞を覚えた曲をかけます。
この時の選曲は、なるべく英語がない歌詞を選んだほうが無難です。
そして、歌が始まったら歌詞に合わせてタイピングを始めます。
あらかじめタイピングの内容を知っている状態ですが、決してフライングせずに流れる歌詞に合わせてタイピングします。
最初は歌詞に追いつかないものですが、ゆっくり目の曲に変えてタイピングをしよう、と飽きません。

テレビタイピング

音楽は聴かない、という場合はテレビやラジオをかけます。
そこで流れる声に合わせてタイピングを追いかけて行います。
最初は必ずと言っていいほど付いていくことができないと思いますが、それが成長に繋がります。
好きな映画を吹き替えで見ながらセリフを追いかけてタイピングすると、スラスラタイピングできたときの達成感は素晴らしいものだと思います。

脳内タイピング

これはローマ字でタイピングする場合にのみ有効です。
人との会話や、電車内の中吊り広告などに書かれている文字を脳内でローマ字に変換します。
「東京都知事」という文字が見えたら「TOUKYOUTOTIZI」といった具合にすぐにローマ字に変換できると、打ちたい単語や言葉をすぐにローマ字に変換してタイピングすることができます。
更にこの方法はキーボードの配列を覚えているとかなり有利です。

タイピングの実力は・・・

タイピングの練習をしていると、タイピングをする、ということが面白くなってくることがあります。
趣味でタイピングをする際はソフトの購入やフリーソフトのダウンロード、web上で動くブラウザアプリなどでランキング登録をして、全国の人たちと成績を競うことが出来ます。
実はこの方法、更にタイピングの実力を伸ばすいい方法でもあります。全国の人との競争ということで、上位の人を勝手にライバルにして更にタイピングの練習ができます。

人気のタイピングゲーム

セガの「タイピングオブザデッド」シリーズは全国ランキング上位の人でも遊び続けている、名作ソフトです。
最初は簡単なレベルでクリアを目標に、最終的にはワンクレジットでクリアなど、基本的に難易度の高いタイピングゲームですので長く遊ぶことができてお得感満載です。

本当にオススメの一作です。
こちらで最安値を検索することが出来ます。よろしければどうぞ。