SONYのVAIOノートが最強 VAIO Zシリーズ

VAIOのノートPCがいかにお洒落で使えるか

SONYのVAIOノートが最強

最近はノートPCでかなり人気が高いSONYのバイオシリーズ。これらが何が良いのか。アップルのMac Book AirやPROと何が違うのか、VAIOが最強な点を見てみましょう。

Windowsが純正でしっかりと使える

SONY製品は国内のメーカーでそもそもの信頼性が高いですがそこにWindowsが純正で乗っているのでこれだけでも選ぶ価値が高いです。
マックにもWindowsを入れられますが保証対象外です。
また格安PCショップのパソコンは自作パソコンレベルで品質は低いと言わざるを得ません。

ソニーは研究開発に力を入れているので薄型軽量のノートPCを最高水準で作れる国内メーカーのひとつであり、これを超えるメーカーはないと言えるでしょう。薄さや軽さではMac Book Airも近づいてはいますが、Windowsのノートパソコンであるならば選択肢には入らないでしょう。

見た目が美しい

VAIOシリーズは全てが洗練されていてカラリングや素材、フォルムなども全てがクールです。毎日使うものですしデスクにあるだけでインテリアにもなりますから、見た目は重要でしょう。

ソニーストア

特にVAIO Zは薄さと美しさが飛び抜けて良いです。スペックも高くなっており、ストレスフリーでデスクトップ同等の快適さが得られます。CPUやフルHD、SSD搭載などです。
今までVAIOのノートパソコンはスタイリッシュでありクールでした。ここからノートパソコンがお洒落になっていったと思います。

格安メーカーではこのような美しさはないですし、分厚いプラスチックという印象が強いでしょう。真似をしても真似できないのがVAIOノートの魅力なのです。

ただし価格が高い

VAIOのデメリットとしては価格が高くなっているところでしょう。当然軽量化や高スペック化を図っているので価格が高いのは仕方ないですね。ただし買ったあとにメモリを追加できない構造になっていたりするので、購入時にBTOでスペックアップしなければならない場合が多く、ここが価格の高さを助長していると思います。

ソニーストア

というのもVAIOノートのように薄型を極めると拡張性は削らなければなりません。ですから最初からメモリを追加した状態でしかハード部分を構成できないのです。
メンテナンス性を考えると最薄最軽量のハードを構成することは難しいと思われます。ここは割りきって最高スペックで購入するほうがあとあと快適に使えるはずです。

デスク周りも小奇麗にしたくなるから不思議

特にVAIO ZやVAIO Sシリーズを購入すると、ノートパソコン自体が薄く小さくクールな質感でとてもおしゃれなので、デスク周りがとても汚いと見た目的に似合わないというか、そぐわない感じになるんですよね。

ソニーストア

ですからVAIOノートを購入すると届く前に机の上を整理して、ゴミを捨てて部屋までキレイにしたくなるんですよね。これはバイオを購入したことがある方なら誰もが経験したことがあるでしょう。
それほど見た目がかっこいいんですね。