アドビのCreative Cloudは得か損か

adobe Creative Cloudは損するかどうかを考える

アドビのCreative Cloudは得か損か

アドビのプレミアやフォトショップなどのソフトがパッケージ販売を今後しないと発表され、今後はクラウド型のみの提供となります。パッケージ購入ではなく定額課金となるので毎月数千円も支払わなければなりません。今後は定期課金でさらなる回収をする考えのようです。

クラウド型は費用的に消費者に不利?

課金ゲームにもあるように、毎月定額以上の課金をし続けないといけないという縛りは企業側は流れができてしまうととにかく儲かり続けます。誰かがサービスを利用し続ける限り毎月収益が上がるからです。しかも使っていても使っていなくても定額課金はお金を引き出せるからです。

しかしこれは消費者からするといつまでもずっとお金を支払わなければなりません。しかも仕事で使っている場合は「今月は使わないから利用料金ゼロで良かった」なんてことはまずあり得ません。毎日使うものですから、月単位で契約するとなると途切れることなくアドビクラウドへ支払が続きます。

そして値段が1ヶ月500円や1,000円ならいいですが軽く超えているから厄介です。

アドビクラウドの価格

アドビクラウドはソフト単体であれば月2,200円です。全部のソフトを使う場合は5,000円となります。3種類以上のソフトを利用する場合は5,000円のプランが安くなりますね。
例えばWEB製作者であればDreamweaverとPhotoshop、Illustratorなどです。さらに他のソフトも試しに使うことが可能なのでお得です。

しかしこれを1年間支払うと、5,000円であれば6万円です。2年間で12万円になり、アドビのアカデミック版パッケージと同額になってしまいます。アカデミック版は学生以外でも購入できる、というページで解説していますので、実質この価格で買えます。

どう考えるかが問題

毎回アドビの新作が出た時に毎回アップグレードしているかどうかで変わります。毎年出るわけではないですが、3年毎くらいで新作に買い換えていた人からすれば、Creative Cloudはとても安いです。すべてのソフトが使えて3年で18万ですから、毎回買い換えていた人にとってはさほど痛い出費ではないかもしれません。

しかも正規版で買い替えなんてことをしている方であればCreative Cloudの価格は破格と言えるでしょう。

ただし一度買ったら数世代新しいものが出たとしても買い換えないという方には得はありません。ずっと支払い続ける必要があるからです。

今後買い換えないのであればアカデミック版のCS6を買ったほうがお得です。