犬の爪きり方法

白い爪、黒い爪どちらも切る方法

犬の爪きり方法

犬の爪は放置しておくと巻き爪になってしまいます。また室内を歩くときもフローリングや大理石のような床の場合はカチャカチャ音がしていると思いますが、あれは滑っているのです。

これ実は立っているのも大変だそうで、関節に負担がかかっているのです。犬の爪はアスファルトを毎日散歩していれば削れていきますが、基本的には爪切りをしてあげなくてはいけません。しかし深爪が怖い方もいるでしょう。

ここでは深く切り過ぎないようにする爪きりの方法を解説します。

足を着いたときに爪が地面に付かない長さに切る

爪は深く切ればよいというものではありません。深爪しすぎると爪の神経を切ってしまい出血します。立たせて歩いたときにカチャカチャいわない位の長さで十分です。深く切りすぎるのは避けましょう。まだ切れるかな、程度で大丈夫です。あとは散歩をできるだけ毎日して削れて行くのがよいかもしれません。

白い爪の場合はピンクに見える部分が神経

白い爪の場合はピンク色に透けて見える部分が神経ですのでそれ以上切ってしまうと出血してしまいます。一度切ってしまうと怯えて次回以降爪きりをしたくなくなる犬がほとんどですので注意してください。

神経よりも手前で切るのをやめて歩かせてみてください。爪の音がしなければ大丈夫です。

黒い爪の場合は切り過ぎないようにする

黒い爪の場合は神経が薄く透けて見えることはありませんので、感覚で切っていくしかありません。この場合も深く切ってしまうと出血してしまいます。少しずつ切って様子を見てください。
また黒い爪の場合、プロのトリマーでさえもどこまで切れば良いかは経験によって変わってくるので、下手なトリマーだったりすると出血するまで切ってしまうことがあります。

基本は床に爪が付かない程度の長さでいいので、少しだけ尖がっている部分を切り落としたらヤスリで丸く仕上げるのがコツです。これは切った後の爪がものすごくとがっているからです。普通のトリマーであればこのようにやすりで調整してくれます。

自宅でも爪きりを習慣化する

家でも爪きりを簡単にやらせてもらう方法は、基本的に習慣化することです。出血してしまうともう怖がってずっと切らせてくれないことがほとんどですが、ご褒美をあげたりして少しずつ慣らしていきましょう。

またひとりではなかなか切れないと思いますので、二人以上で爪きりをしたほうが簡単にできます。無理ならトリミングで爪きりをしてもらうしかなさそうですね。