ハイドロカルチャー 育て方、植え替え、根腐れ防止など

土もいらない清潔な観葉植物

ハイドロカルチャー

土を使わず、石ころのようなもので水だけで育てている観葉植物が生活に浸透し、人気を集めています。このような育て方をハイドロカルチャーと言います。清潔で、見た目にも良いのでインテリアショップにまで置かれているので知っている方も多いはず。

ハイドロカルチャーとは

ハイドロカルチャーとは、土を使わずにハイドロボールという石を使って観葉植物を育てる水耕栽培のことです。最近ではいろいろなところでハイドロカルチャーを見ることがあるので知っている方も多いでしょう。

それではそもそもハイドロカルチャーで育てるメリットは何でしょうか。また、土を使わずにちゃんと植物は育つのでしょうか。ここではハイドロカルチャーの魅力をお伝えしていきます。

ハイドロボールとは

ハイドロボールは粘土を高熱で発泡させたもので、水に浸すとマイナスイオンが発生します。
また、ハイドロボールが石の隙間に断熱層を作って根を寒さから保護してくれます。というのも、ハイドロボールには多孔質で保水力があり、石と石の間に空気をたくさん含んでいるからです。
土ではないので汚れや臭いなどの心配はありません。

茶色の乾いた感じの色合いがまた透明のグラスに入れたときにいい雰囲気で、また陶器などに入れてもバランスよく見栄えを整えてくれます。

育て方の基本

根腐れ防止剤を育てる容器の底に敷いておきます。ハイドロカルチャーでは水が出て行く穴のない容器で育てるので、根っこが腐ったり苔が発生しないためにも根腐れ防止剤を底に入れておきます。

そしてハイドロボールを1cm程度入れて、その上から植物を置いて、周りにハイドロボールを流し込むようにして安定させます。これだけでハイドロカルチャーのできあがりです。とても簡単ですよね。

また、ハイドロカルチャーは増やすのも植え替えもとても簡単です。土ではないため、ハイドロボールの交換も割れていたりしない限り不要ですので手入れもほとんど水やりだけで済みます。土の入れ替えなどがない分手間とお金もかかりません。

ハイドロカルチャーは普通の鉢植えではなく、コップなどで育てるので、水受け皿なども必要ないため、室内で育てる観葉植物としてはとてもクリーンに増やしていけるのもメリットのひとつです。

一般的な植物の育て方

底から2cm程度を目安に水をあげます。常に容器に水がたまった状態になりますが、ハイドロボールは、植物の根が出す酸などを抑え、根腐れを防ぐ効果を持っておりますので、適度の水量ならば大丈夫です。

しかし、常に根全体が水に浸っていると根腐れの原因になりますので、植物の状態を気にかけてあげて、容器の水がいったんなくなったら新しい水を足すようにしましょう。

冬は室内の暖かな場所で管理し、水が凍らないように注意してください。夏のエアコンや冬のストーブなど、空気の乾燥にも気をつけましょう。霧吹きなどで葉水をして、空気中の湿度を保つようにしましょう。

ハイドロカルチャーは明るい室内に置きましょう。日光が当たりすぎると容器の中の水温が上がり、根をいためますので注意してください。また、葉焼けをおこす場合があるので、真夏の強い直射日光は避け、レースのカーテン越しなどの場所に置きましょう。

増やし方

観葉植物の多くは挿し木で簡単に増やすことができます。適期は観葉植物が旺生に生育する4月下旬から7月です。枝を10cmほどカットします。切り口の組織をつぶさないように、できるだけ切れるハサミか、ナイフで斜めに切りましょう。それを水に浸しておくとしばらくして根が生えてきます。それをハイドロボールに植え替えて増やしていきます

ハイドロカルチャーの植え替え方法

まず、鉢から出して、よく水で洗って腐った根や汚れを洗い流してください。きれいになったら、新しい容器に根腐れ防止剤、ハイドロボールを入れて植え替えます。植え替える時期は暖かくなった春から夏がベストです。寒さに気をつけてください。