クッションモスの育て方 ハイドロでの増やし方など

フワフワのクッションモスを育ててみませんか?

クッションモスの育て方

苔のような見た目の葉が美しい、クラマゴケ・セラギネラは、別名クッションモスと呼ばれています。苔の一種で、モスグリーンがとても美しく観葉植物として人気が高いです。シンプルなインテリアにも合いますし、クールでモダンな部屋にもコケのような見た目がとても癒されますよね。

日陰、もしくは半日陰で育てる


クッションモスはもともと苔ですので、太陽に当てるようなことはせず、日陰で育てるようにしましょう。日当たりの良いところに置くと直射日光で葉焼けしてしまいます。
日当たりの良い窓辺以外であれば、どんなところでも育ちやすいという点では育て方は簡単な部類に入るかもしれません。しかし実際にはクッションモスを枯らしてしまったという人は多いはず。

まずは蛍光灯でも良いので室内で明るさがあるところであればどこにでも置けます。
完全な暗所(室内であれば地下室やトイレなど)では育ちませんが、窓があるような部屋であればおき場所には困りません。好きなところに置いてクッションモスを楽しみましょう!

寒さにも強い

すぐ枯れてしまった経験を持つ方は意外かと思いますが、実は耐寒性があり、0度以上で越冬します。ただし霜がつかないよう室内での管理が大切です。
冬場はどの慣用植物でも同じですが水やりは控えていきます。

しかし、ここが大切なのですが、夏場は日陰に置いてあるクッションモスを冬場に限ってはカーテンで直射日光をさえぎったような明るい場所に移動してあげるほうが育ちがよくなるのです。
逆に夏場は暑すぎると弱ってしまいます。風通しのよい場所で育ててあげます。
なかなかわがままな植物ですが、見た目がかわいく癒されるので頑張って育ててあげてください。

水遣りがとても大変


置き場所には困らないクッションモスは実は水遣りがとても神経質な植物です。
水やりの際はできるだけ葉に直接かからないようして、表土が乾いたらあげるようにします。あまりにも水がかかりすぎてしまうと葉が落ちてしまうケースもあるようです。
しかし、葉水が嫌いというわけではなく、黄緑色のクッションモスの場合は霧吹きで葉水をしてあげるほうが良いそうです。
葉の部分が丸まってきたように思えたときに水やりするとベストタイミングです。
また、肥料はあげずに育ててあげます。