モンステラの育て方 植え替え方法なども

ファブリックの模様でも人気のモンステラの育て方

モンステラの育て方

大きな葉に切れ込みが入っている、南国ムードの観葉植物と言えばモンステラですよね。
葉の切れ込みがそれぞれ特徴的でいろいろな形に変化してくれます。インテリアプランツとして特に人気が高いので育て方や特性をご紹介していきます。

半日陰で育てることができる

南国風な見た目とは対照的に、半日陰で育てるのがモンステラです。
直射日光には弱く、葉焼けしてしまいますので注意してください。
基本的に室内で育ててあげる観葉植物で、5度以上で越冬できます。

水のあげ方

夏場は表土が乾いたら水をあげるようにして、冬場は控えるようにしましょう。
気温が高い間、水をあげすぎると成長スピードが早いため、どんどん大きくなります。
室内で小ぶりに育てていきたい場合は水やりの頻度を落とし、逆に大きく育てていきたい場合は水をたっぷりあげましょう。
ただし、気温が20度を下回るような日が続く季節になったら水遣りの頻度を落としていきます。
冬場になるつにれて水を吸わなくなり、休眠期間に入るため、根腐れの原因になります。

また、モンステラは高温多湿を好むので葉水をしてあげるとハダニなどの害虫からも身を守ることができます。

幹上がり・根上がり

モンステラが伸び、葉が落ちてそのまま根が木の幹のようになって伸びていくことを根上がりや幹上がりと呼びます。
葉が落ちた部分が目のような形をしていて、不思議な雰囲気が一層引き立ちます。
幹上がり・根上がりのモンステラを育てるにはコツと時間が必要です。
基本的な育て方は、肥料をしっかりと与え、夏場などの成長期に水を適切にあげることです。
また、日陰ではなく、半日陰の太陽の光に当ててあげることも大切です。
真上に伸びていくのは大変ですが、添え木をするようにして伸ばしてあげましょう。