セロームの育て方 増やし方、気根の情報なども

巨大化するセロームの育て方

セロームの育て方

大きな葉で、手のような形をしている観葉植物と言えばセロームですよね。
アジアンテイストにも南国風にも、さらにはモダンテイストにも合う巨大なセロームはとても存在感のある観葉植物です。けっこう丈夫でいて、成長はゆっくりめなセロームの育て方をご紹介します。

半日陰でも育ちますが、太陽の光に当ててあげて

セロームは半日陰でも問題なく育ちますが、できれば春から秋にかけての暖かい季節はカーテン越しの太陽が当たるような明るい場所に置き、冬場は直射日光に当てたほうが成長が早く、環境も最適です。
ただし光が多すぎると葉やけしてしまいますので注意してください。適度な明るさを確保しないと逆に弱弱しくなってしまいます。葉水をあげて、葉が乾燥しないようにしてあげることもハダニ予防として大切です。

水やりはとても重要です

育て方はいたって簡単。日当たりの良いところに置き、表土が乾いたら水をたっぷりとあげます。
受け皿に染み出た水は捨てるようにしないとすぐに根腐れしてしまいます。
また、葉水を頻繁にしてあげることでハダニ予防になります。セロームはハダニが付きやすいため、積極的に葉水を心がけましょう。
夏の葉水は頻繁に、冬の乾燥する時期は水遣りは控えますが葉水を忘れずにしてあげましょう。
セロームの場合、葉がとても大きくなるため、葉からの蒸散作用が強く夏場は渇きがちです。
気をつけましょう。

気根と幹

セロームは成長していくと気根が出てきます。これは中心の幹のようなところから生えてくるもので、異様な雰囲気を醸し出します。

また、葉が落ちて、幹が成長していくことによって目玉のような模様が幹に残り、観葉植物としての価値が高まっていきます。
とはいえ、実はこれは幹ではなく、根の一部なのです。が、太くがっしりとしたセロームはまるで大きな木のように見えます。

しかし成長スピードも遅いため、幹のようになっていくには数年以上の年月が必要になります。
ホームセンターなどで小さいセロームを購入した場合は、グングン成長できる環境を整えてあげる必要がありそうです。