観葉植物の栄養剤

観葉植物に栄養剤を挿す効果

観葉植物の栄養剤

観葉植物を大きく立派にしたい、と皆さん思いますよね。小さくてかわいいミニ観葉であれば別ですが、リビングに置いたりして見た目が良いようにしたい場合、まず最初に思い浮かぶのは栄養剤である肥料を使う、ということだと思います。

観葉植物の栄養素は主に窒素 ・リン酸 ・カリウムの3つです。これらが成長に欠かせない栄養素となっています。

肥料はそんなにあげなくて良いですよ~

実際に肥料となると、鶏糞や油粕などが代表的だと思います。が、これらは臭いがきつかったり、虫がわいたりと、室内の観葉植物にあげると人間にとってはちょっときついです。観葉植物自体に悪いと言うわけではありませんよ。
屋外で虫の発生とかがきにならない方はあげても平気だと思います。

基本的に肥料はあげなくてもしっかりと育ちます。あげた場合とあげない場合との違いは、ちょっと成長スピードが遅かったり、葉が大きくなるかどうかなどです。無理してあげなくても全然問題ありません。逆に気にしすぎると観葉植物に負担をかけてしまうような、例えば水をあげすぎたり肥料を無駄に追加しすぎたりしてしまう可能性もありますよね。

また、冬場は水をあげないようにするのと同様に、肥料もあげる必要はありません。

土に刺すアンプルは?

よく鉢植えなどに刺さっている緑色などのアンプルは栄養剤ではありません。あれは活力剤として使っているもので、栄養剤ではないということをご存知ですか?

具体的に言うと、アンプルの活力剤は植物へ直接影響があるわけではなく、土に足りなくなってくる栄養素を補うためのものなんですね。だから一気に水と一緒あげるのではなく、土に刺しておいてゆっくりと浸透させているのです。

ですから、アンプルの活力剤をあげたからといって弱った観葉植物が元気になるわけではないのです。土に栄養がないのにアンプルを刺してもあまり効果はありません。土の栄養素がしっかりとあり、そこにサプリメント的な要素として土の窒素 ・リン酸 ・カリウム以外に足りない栄養素としてアンプルを使うようにしてください。