夏場と冬場の観葉植物の育て方

観葉植物を真夏と真冬も元気に育てる方法

夏場と冬場の観葉植物の育て方

四季があり温度、気候がガラリと変わる日本だからこそ、季節に合わせた育て方をしていきましょう。健康な状態で長く観葉植物が生きていくために少しの工夫が必要です。

夏は外に出していればグングン育つと思いがちですが、ただ出しっぱなしではダメですし、冬は当然室内に取り込んであげなければダメです。

夏場の育て方

夏場は太陽がとても強くなるので直射日光にそのまま当てるのは葉焼けを起こしてしまいます。
観葉植物は太陽が直接当たらない室内の明るい場所に置くか、レースカーテンで日差しを遮るようにしましょう。
外に置く場合などは、レース越しの明るいところから数日かけて日光に慣らしていきます。

夏場はグングン水を吸っていきます。
毎日土が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。特に葉が大きいものや数が多いものは多めにあげても大丈夫です。
受け皿に水が染み出したらそのままにせず捨てるようにして値腐れを防止してくださいね。

冬場の育て方

冬は水を吸わなくなります。週に1度程度の水やりで大丈夫です。乾かし気味で育てましょう。
水を上げすぎると根腐れを起こします。
小さな鉢植えの場合、棚の上に置くなどして下に溜まりやすい冷気から守ってあげる工夫も必要かもしれません。

暖房の風が直接当たるところには観葉植物を置かないようにします。私たちも乾燥してしまうのですから観葉植物にもダメージは大きいのです。
加湿器で室内の湿度を安定させるか、たまに葉水をしてあげるなどして乾燥を防ぎます。