観葉植物の植え替え方法とその理由

なぜ植え替えする必要があるの?

観葉植物の植え替え方法とその理由

観葉植物は2、3年に一度植え替えすることが推奨されています。ではなぜ植え替えする必要があるのでしょうか。それは植物が伸び伸びと育つために必要だからです。

根がどんどん伸びて、増えて詰まってしまうから

観葉植物は根が伸びて成長していくと、鉢植えの中がぎゅうぎゅう詰めになってしまいます。すると土の中の空気の絶対量も減り、最悪は枯れてしまうことも。植え替えをすることは、余裕のある土の環境を整える効果もあります。

また、土は劣化し栄養分がどんどん観葉植物に吸い取られてしまいます。2、3年をめどに土を新鮮なものに入れ替えることによって、また養分を吸って元気に育ちます。

植え替えに最適な時期は?

基本的には暖かくなる5月~6月が最適です。夏場になってしまうと暑すぎて体力が持たない観葉植物もありますので注意してください。また、秋に植え替えると、そのあとの冬までにしっかりと持ちこたえられない場合もあります。
特別な理由がないかぎりは梅雨時期前後に済ませてしまいましょう。

いきなり大きな鉢ではなく、ひとまわり大きな鉢に植え替える

植え替えする場合、どんどん大きくなって欲しい、もしくは大きくなるまで鉢を買い換えたくないからあらかじめ大きなものに植え替えよう、というのはちょっと待ってくださいね。

鉢が観葉植物のサイズよりも極端に大きいと、観葉植物が水を吸うまでに時間がかかり、常に土に水分がり湿度が高い状態が保たれてしまいます。すると根腐れを起こしやすく枯れる可能性があります。
まずは1号分だけ大きいサイズの鉢に植え替えるようにして、大きすぎる鉢は避けましょう。

植え替えの方法

土が乾いた状態になるまで水を上げないようにします。

鉢から観葉植物を取り、周りの土を軽くほぐすようにして1/3程度取ります。あまり取りすぎて健康な根を傷つけないように注意してください。

枯れた根や無駄に伸びすぎた根はカットします。

新しい鉢に入れて安定するように土を入れて植え替え完了です。

植え替え後1週間~2週間は直射日光を避けて新しい環境に慣らしてあげましょう。