マンションでリフォームできない部分

共用部分はリフォームできない

マンションでリフォームできない部分

マンションのリフォームでは共用部分となっていてリフォームしてはいけないところがあります。

基本的にはリフォーム業者ができるできないを教えてくれるので勝手に共用部分を壊したりリフォームすることはほとんどないと思いますが、ここまではリフォームできない、ということは事前に知っておいたほうが良いでしょう。

ドア、窓サッシの交換

玄関ドア本体の交換はできません。また窓のサッシを交換することはできませんので中古マンションの場合は壁紙やフローリングが新しくなっても窓だけは昔のまま、ということがあります。

が、最近では二重サッシにして防音性と保温性を高めるリフォームをして新しいサッシを内側につけるリフォームが多くなっているのでそれで対応は可能です。

バルコニーのリフォーム

バルコニーに何かを設置したり、サンルームのように改造するようなリフォームはできません。
基本的には避難するときに邪魔になるようなものは置けないことになっていることが多く、リフォームはもってのほか、というわけです。

外壁の穴あけ

壁に穴を開けて外から何かを入れる、そんなことはもちろんできません。
エアコンの室外機とつなぐ配管は専用の穴を使うことになり、新しく壁に穴をあけて通すことはできません。
リフォーム ホームプロ