管理規約のリフォーム制限を確認

マンション独自のリフォームに関する決まりを確認

管理規約のリフォーム制限を確認

マンションの管理規約には、リフォームの制限事項やリフォームの申請方法などが詳しく書かれています。内容はマンションごとに違いますので、あなたのマンションの管理規約をしっかりと読んでおく必要があります。

基本的には古い中古マンションだったとしても、最近のマンションと同じようなリフォーム規約になっていることがほとんどです。管理組合で最新の状態に切り替えられているからです。

ですから、基本的には調べておく必要はありますが、リフォーム業者の情報で安心できるはず。あとは最終確認で何をしていいか何がダメか、材料の材質はどのようなレベルものが必要か、ということを確定していきます。

床材の制限

多くの管理規約で制限されているのが床材です。床材には防音のランクがあり、防音性の高さを定めている管理規約がほとんどです。戸建ての場合はさほど気を使わずに使える無垢材などもマンションの場合は使えないことが多いのです。

フローリングの防音性能はL40、L45、L50などのように分けられています。この数字が少ないほどランクが高く防音性に優れています。ランクが高くなれば価格も高くなるのでリフォーム費用に直結します。

マンションの管理組合によっては防音性能だけでなく使用可能なフローリングの製品まで定めているようなところもあるので注意が必要です。

リフォームの工事日程、方法の制限

基本的に土日祝日は工事が禁止されているところが多いです。時間帯は9時~17時までが多く、その日数で工期が決まってきます。
資材や廃材の搬入出経路の指定やエレベーターや共用廊下の養生などの指定もある場合があります。
リフォーム ホームプロ