リフォームの種類 どちらがいいか

マンションリフォームの種類

リフォームの種類

リフォームには大きく分けて2つあります。古くなったところを部分的にリフォームするものと、全体を全て取り替えるようにして行うものです。どちらも一長一短ありますので、室内の状況をみて判断したいですよね。

まずは自分がどうしたいのか、予算はどれくらい取れるのか、どれくらいの広さなのか、ということでリフォーム内容が随分と変わります。また予算についてもかなり上下しますので、まずはどんなリフォームをしたいのか、ということをイメージしてみましょう。

ポイントリフォーム

ずっと住んでいると部分的に壊れてきたり汚れがひどかったりしてどうにかしたいと思うようになりますよね。そんなときは気になるところだけをリフォームするポイントリフォームがお薦め。

ポイントリフォームは一部分だけを改修するためコストも安く、短期間で終わるため思い立ったらすぐに依頼して工事完成まですすめることが可能です。

ただし一部分だけ新品になってしまうのでほかの部屋や壁紙、設備などの古さが逆に目立ってしまうことも念頭に入れておきましょう。あれもこれもとリフォームしていくうちにほとんど全ての部屋をリフォームすることになってしまった、という人も少なくないはず。

スケルトンリフォーム

スケルトンリフォームは家の内部を全て取り壊して、配置や間取りなど一から作り直すリフォームです。中古マンション購入時などはスケルトンリフォームをすることで新築同様の設備を備えた部屋にすることが可能です。

スケルトンリフォームはまずキッチンやバス、トイレ等全ての設備を取り壊し、壁や天井部分もはがして壊すため、リフォーム期間中は別宅での生活となります。マンスリーマンションなどが良いでしょう。広さや工事内容にもよりますが、基本的に2ヶ月前後でスケルトンリフォームは終わります。

間取りや配置を決めるのがとても時間がかかるでしょうから、余裕をもってリフォームにとりかかりましょう。スケルトンリフォームの詳細はこちらで解説しています。
リフォーム ホームプロ