リフォーム業者の選び方 相見積からの選定

リフォーム業者決定のポイント

リフォーム業者の選び方

有名メーカーやデザイン事務所、地元の工務店などリフォーム業者の種類だけでもたくさんあります。安くて手抜き工事がなく、安心して任せられるリフォーム業者の選び方を解説します。

実際に渡しが一度手抜きと思われる工事をされて失敗したこと、しっかりとやってくれて親身になってくれた業者がいたことを踏まえて解説します。しっかりやってくれるところはその場の利益だけを確定せず、次のリフォームのことを考えています。

要するに、次のリフォームも頼んでもらえるようにしっかりとした仕事をしますし、値引きにも柔軟に対応してくれます。

選び方1 アフターケアはしっかりしているかどうか

リフォームだけやって終わり、というだけでなくアフターケアがしっかりしているところを確認してみましょう。工事して欠陥があってもそのまま知らん顔、という業者では信頼性ゼロですよね。

選び方2 地元のリフォーム業者だとなお良い

またできるだけ近所にある地元のリフォーム業者が良いでしょう。打ち合わせ回数も1回ではないですし、何かあったらすぐに立ち寄れるくらい身近なほうがリフォーム中もリフォーム後も安心です。

選び方3 私たちのイメージを具体化してくれるかどうか

本当に経験があり、良いリフォームを仕上げる業者は決まってイメージを具体化してくれます。私たちは色々と調べたとしても結局は素人なわけです。そんな素人かせああしたいこうしたいとイメージしているものを実際にリフォームしたらこんな感じになりますと具体化してくれる業者を見極めたいものです。

また、私たちが良いと思っていることでも、リフォーム業者の長年の経験からすると違う方法でリフォームしたり素材が適していない場合もあり、そのような面でも適切に良いものを提案してくれるリフォーム業者を選ぶことがポイントです。

選び方4 値引きしすぎるところは注意

相見積もりをとっているため、価格が安いところを選びがちだし、業者もぎりぎりのラインで値引きをしてくれますが、打ち合わせのたびに値引きしていくような業者は注意してください。
どこにその値引きしたロスがのしかかるかというと現場の職人たちだからです。工期や人数などが切迫状態になればどうなるかは容易に想像できるでしょう。
リフォーム ホームプロ