大手リフォーム業者と中小リフォーム業者の違い

個人的には中小の工務店がお薦め

大手リフォーム業者と中小リフォーム業者の違い

名前の知れたところに依頼すれば手抜きもないだろうし安心と思っていませんか?実際は下請け業者が入って工事をすることが多く、大手だからと言って何が安心かというとわかりません。では大手と中小リフォーム業者の違いは何でしょうか。

実際に大手のリフォーム凝視やに依頼した経験、中小の街のリフォーム業者に依頼したときの経験も元に解説していきます。

大手リフォーム業者について

定形品の価格が安かったりして全体的なコストを下げることができる場合が多いです。キッチンやユニットバスなどはかなり値引きできます。
またネームバリューでの安心度はあり、手続き等も安心して行えるでしょう。大型のリフォームをする場合過去の事例も多数あるため安心できると思います。

ただし細かい作業になると手が行き届かない場合もあります。私の場合は大手ホームセンターで手続きをしましたが結果的にそれほど満足できない部分がいくつも見つかりました。

中小リフォーム業者について

地元に根ざしたリフォーム業者は、特に口コミで広がることもあり、一度のお客を大事に仕事をしっかりとこなす傾向にあります。
大手の場合は少し良くない口コミがあってもそのネームバリューと資金力で別の地域でも仕事ができますが、中小リフォーム業者はそうすることもできません。

中小リフォーム業者は細かく仕様を聞いて実現してくれたりと自由度が高いのも特徴です。