リフォームは何社に見積もりをとればよいか

リフォーム業者の相見積もり

リフォームは何社に見積もりをとればよいか

リフォームには業者を複数社から見積りをとり、価格と対応や質などを比較して検討しますよね。この業者の数は多ければ良いというわけでもないので効率的に選定することができる数やコツなどを事前に理解しておくことも大切です。

無差別にリフォーム業者に見積もりをとったとしても、その後の対応でかなり時間をとられます。要するに内覧したり、リフォームのための材料などを選んで価格の上下を化女たり・・・とにかくそれを何社分もこなすのは不可能です。

ホームプロでリフォーム業者を簡単に選別する

まずリフォーム業者側も相見積もりを取っていることは承知の上でやりとりをしています。
気負いせずに複数社から見積もりをとり、プレゼンしてもらうことが重要です。
多すぎるとどこがよいかわからなくなるので、まずはホームプロで近所を担当しているリフォーム業者を見つけましょう。

希望通りのリフォーム内容と情報を入力するだけで、リフォーム可能な業者からホームプロ内のメールボックスに連絡が来ます。この段階ではこちらの電話番号やメールは通知されていないので、『ここがいいかも』と思った2、3社の業者と連絡を取り、実際に内覧して打ち合わせします。

この時点で簡易的な見積もりを出してくれたりしますからだいたいの金額が推測できるでしょう。また、メールごしの担当者とのやり取りも重要です。この人になら任せてもいいと思える人を選んでください。
いついつまでに契約すると割引適用になる、など契約をせかす業者はまずリストから外してください。普通は契約を迫ることはないです。

詳細見積もり・打ち合わせに呼ぶのは3社程度まで絞る

ここで重要なのが、3社程度に絞らないと最終的に絞り込めないことと、最後は1社以外は断るわけですから、断りを入れるのも大変になるからです。見積もりは無料でもそれまで業者が動くことでコストは発生しているわけですからね。

相見積もりをしても、していることだけを告げて、無理な価格競争はさせないようにすることが望ましいです。無理にリフォーム価格を下げると、現場で作業する職人や工数などにしわ寄せが。
細かいところまで気を配ってもらうためにも金額をチラつかせての交渉だけはやめましょう。
リフォーム ホームプロ