バスルーム・浴室のリフォームポイント

お風呂のリフォームについて

バスルーム・浴室のリフォームポイント

バスルームは一日の疲れを癒すプライベート空間です。中古マンションでし一番リフォームしたい、しなければならない部分のひとつなのではないでしょうか。

さらに水まわり設備としても高額になるので価格とグレードの天秤となりますが、納得いくようなリフォームがしたいですよね。特に水回り関連は本体代も高いですが、施工代金が非常に高くなります。全体のリフォームをする場合に最も高いのがこの風呂、キッチンなどの施工代金です。

うちでリフォームしたときに感じたことや、低価格で抑えるための水まわりリフォームのポイントなどを書いていきます。

ユニットバスの交換はそれほど難しくない

ユニットバスにも一定の規格があり、既存のスペースに合うサイズのものを入れることになります。
ユニットバスのグレードは広さもありますが、最近では床がすぐに乾く素材や浴槽が魔法瓶状態になっていて温度低下を極限まで防ぐものなど性能の向上で価格も変わります。

家族が多い場合は追い焚き機能をつけて、魔法瓶浴槽にすると経済的です。

バスルーム周辺も改修できる場合も

古いマンションの場合は給湯器が室内にあることもあり、これをパイプスペースやベランダなどに移すことによってバスルームやその周辺を広く使う事ができるようになります。
また、洗面所からバスルームへ入る段差がとても高いマンションもあり、これもリフォーム時に下げることが可能な場合があります。

リフォーム業者、管理規約、スペースと相談して生活しやすいバスルームにリフォームすることが可能です。

展示品なら安く入れられる

リフォームの展示品と自宅のバスルームやキッチンのサイズが同じでそのまま入れられる場合、価格は一気に下がります。展示品とはいえ、ある程度傷はついているものの、水を使っているわけではないのでその点での汚れはありません。

うちの場合はサイズは合いましたが、洗い場と湯船の方向が違うため導入できませんでした。こればかりは一度見てもらって、合うものがあれば安くなる、というように考えたほうがいいですね。だとしてもかなり安くなるので、一度聞いてみたほうが良いでしょう。