キッチンのリフォーム 使い心地のよい台所

台所を使いやすいスペースにリフォームする方法

キッチンのリフォーム

キッチンはリフォーム箇所の中でも高額になります。リフォーム業者によっては本体価格をほぼ半額近くまで割引してくれるところもありますが、実際は工事費も高くなるためリフォームの予算に占める割合は大きくなります。

またキッチン収納やシンク、天板などによってグレードに差が出る、そして金額にも大きな差が出てくるため、キッチンのリフォームに関しては予算を大きめに取っておいたほうが良いと思います。

いろいろなキッチンを展示場で見て、予算とともに決めていきましょう。

位置を変えずにキッチンをまるごと交換

システムキッチンには大体大きさの規格があり、キッチンスペースによってどの規格のものが入るかで価格も変わります。
システムキッチンの導入と天井や周辺の壁紙の貼り替えや場合によっては床の貼り替え等も必要になることがあります。
配管等が古い場合は新しいものに交換する工事もしておいたほうが無難です。漏水はキッチンをつけてしまってからではなかなか直せません。

壁に向いているキッチンを対面式カウンターキッチンへリフォーム

昔のマンションだと、LDKが一体になっていて、リビングに背を向けるようにして調理する壁に向かったキッチンも少なくありません。
このキッチンの位置自体をずらして、リビングと対面式にするカウンターキッチンにすることも可能です。

キッチンの位置を移動する場合、配線・配管をずらしたり伸ばしたりすることや、床、天井、壁のリフォームも必要になってきます。スケルトンリフォームの場合はやって損はないでしょう。

キッチンの機能性を高める

新しいキッチンには多くの機能をつけることができます。たとえばガスを使わないIHヒーターや食洗機を内蔵することも可能です。ここはリフォーム価格との兼ね合いになりますが、住んだあとから『やっぱりああしておけばよかった』、と思ってもなかなか変更することはできませんのでじっくりと考えましょう。

豪華で高価なシステムキッチンを選ぶよりも、まずどのように使うのか、今どのように不便を感じているのかを解消できるキッチンリフォームをイメージすることが大切です。