内装のリフォームポイント

内装を理想的に仕上げるリフォーム

内装のリフォームポイント

壁や床、建具など内装はインテリアにも直結するとても大事な部分です。特に壁は面積がとても広く印象を左右します。

そして建具は高級感が違います。色や素材、装飾、ドアノブの素材や色など、高級感や明るさなどでかなりグレードが変わります。

フローリングも木の材質や石系の素材など、いろいろと自分で選ぶことができます。

しかしリフォームして見た目はよくなっても使い勝手が良くない場合、また施工費用や材料費が高くなってしまう場合もあります。

それぞれで注意点などを詳しく解説してアドバイスしていきます。

壁紙の貼替え

壁紙は白いっぽいものでいいかな。と考えがちですが、家の中で一番面積が広いのが壁紙です。
よって、壁紙は壁と天井全てで必要なので貼替えのコストもかかります。
基本的にリフォーム業者が用意する壁紙にはランクがあり、一定の価格帯から好きな壁紙が選べます。機能もさまざまで消臭効果があるという壁紙や質感が違うものまで色々と用意されています。

私は壁紙は基本的に白でもいいと思いますが、壁の一面だけを黒っぽくするとか、大胆に赤っぽくするとか、壁に一点の色を入れるだけで室内の印象がガラッと変わります。白だけだと箱の中で生活している感じがしませんか?

色だけでなく、カラフルな柄が入っている壁紙もあり、特に輸入しているインテリア業者などには豊富な壁紙があります。一度見てみるととても楽しいですよ。
ただし、リフォーム業者によっては別途購入の壁紙では料金がかかる場合もあり、リフォーム業者との相談の上で行いましょう。

建具の交換

ドアやドア枠など、古いマンションの場合傷がついていたり塗装が剥げてきている、もしくはタバコのヤニがついて黄ばんでいる場合が多いでしょう。壁紙なら貼り替えればいいですが、ドア、建具の交換となると部屋数が多ければ多いほどコストが増えます。

低価格でリフォームする場合は、ドアをペイントする方法があります。ドアの素材によってペンキが違いますのでリフォーム業者が適したペンキを使ってペイントしてくれます。ある程度の小キズであれば当然目立たなくなります。
ペイントに関しては自分でもDIYレベルでとても綺麗に仕上がります。養生や二度塗などがとても大変ですがやる価値はあるのでは?自分で工作のようにリフォームするのも楽しいものです。

ドアにももちろんグレードがあり、装飾がついたお洒落なものは高いですし、シンプルなものは安いです。サイズも定形品を利用することが多いと思うので、現在のドアのサイズで選べる商品が限られることがあります。

床のリフォーム

フローリングにするのが一般的ですね。マンションの管理規約によってはフローリングの等級が指定されていることがほとんどですので、そちらをよく読んだ上でフローリング材を決めていきましょう。

雰囲気を重視する方はよく大理石のタイルを敷き詰めたりします。これも色が選べるので独特の雰囲気と高級感を醸しだすことが可能です。防音性などは管理規約に沿ってリフォーム業者に対応してもらいましょう。
もちろんフローリングよりは価格がグンと高くなりますので予算に余裕がある方は廊下からリビングまでだけでも高級感がだせるはずです。