洗面所のリフォームポイント パウダールーム

洗面所のリフォームを考える

洗面所のリフォームポイント

洗面所は洗面台、収納、洗濯機など小さなスペースにいろいろなものが詰まっている場所です。また、殆どの場合バスルームへの入り口も兼ね備えているため、リフォームにこだわる方を悩ませます。

洗面台自体のグレードも普及品であれば相当安いので、手軽に入れ替えることが出来るでしょう。しかし今まで使っていた洗面台が壁に直付の場合は普及品では安っぽく見えてしまいます。ですからここはしっかりとオーダーになってしまうため、施工費用含めて高くなります。

安いものは数万円から

洗面台は安いものであれば数万円からあり、リフォームの水まわり設備としてはそれほど高く付くわけではありません。ただしピンキリで収納一体型のものや素材や洗面ボールが2つあるものなど洗面所の広さや予算に応じて様々なグレードの洗面台があります。

基本的には照明、鏡、洗面ボール、洗面下収納の一体型が一般的です。大掛かりなリフォームになれば鏡は壁に直付け、洗面台はガラスボール、なんて一風変わったお洒落な空間も演出可能です。

洗面所は多目的室として考えてリフォームする

洗面所はお風呂への脱衣所であったり髭剃りや洗顔、化粧、手洗いなどさまざまな使用用途がありますよね。そこには活動の数だけモノが溢れることを意味しています。

タオル、バスタオルの収納は家族が多くなればなるほど必要になりますので天井の高さまである収納を作ることは必須です。取り出しやすい上部はタオル類を、しゃがんで引き出す部分には雑巾や予備のバスマットなどを収納するなどイメージをして収納を選択していきましょう。
洗剤や柔軟剤などのストック場所なども余分にスペースを用意しておくとよいでしょう。

歯ブラシや歯磨き粉、化粧品のボトルなどは洗面台ユニットにある鏡の裏側へ収納するのもよし、壁自体の厚みを少し凹ましてニッチな収納スペースを作るのもアリでしょう。