和室をフローリング洋室に

畳からフローリングへ

和室をフローリング洋室に

中古マンションでなくても和室を洋室に変えたい、和室はいらないと感じている方が多いと思います。和室から洋室へリフォームするのは何段階かに分けられます。完全な洋室へとリフォームする段階を追ってみていきましょう。

畳からフローリングへリフォーム

畳をはがしてそこにフローリングを敷き詰めていきます。畳の厚さの分だけ他の部屋のフローリング部分よりも下に下がっている事が多いため、高さ調節のため根太と呼ばれる木の格子を床に組んでいきます。高さを調節して床の傾きがないかどうかを調整しフローリングを貼っていきます。

単純に床がフローリングになればOKという場合はここで終了です。だいたい20万円前後と考えてください。

壁も洋室風にリフォーム

和室の壁には木の柱がついていませんか?その部分が残っているとなんとも洋室っぽく見えない場合があります。戸建てなどは実際に柱であることもありますが、マンションの場合は柱のように見せるために板を貼っている場合があり、これを剥がして下地を整えます。
柱だった場合はその柱に合わせて壁に板を貼り厚みを調整します。

壁紙もほかの部屋と同じような壁紙へと貼り替えます。

天井を壁紙が貼れるように作り変える

和室の天井は板が何枚かに分けられてはりつけてありませんか?この状態だと壁紙を貼ることはできません。天井の板を取り外してここにも板を張り替えていき、壁紙を貼れる状態にします。

押入れをリフォームする

押入れがあるかどうかで完全な洋室になるかどうかが分かれます。

ふすまをそのまま残し、壁紙を貼ることで洋室の一体感を出す。これが一番お金がかからない方法です。

続いてふすまを取り払い、ふすまが入っていた溝部分をレールにしてクローゼットの扉をとりつけます。これは規格ものがしっかりと入ればいいですが、規格外のものを入れるとなるとコストも若干かかります。

押入れの中段などを取り払い大型のクローゼットにする場合は取り壊しとさらに廃材が多くでるためコストも大きくなります。また床も同じフローリングにするほうが統一感がでるでしょう。
リフォーム ホームプロ

和室から洋室へのリフォームで気をつけておきたいこと

粉塵が異常に出る

和室の入り口であるふすま。この外枠を取り外します。さらに窓枠の木製部分も洋室には合わないので、引き戸ドアと同じような枠に交換するために取り外します。この時点でものすごい粉塵が出ます。ドアをしめていても他の部屋に隙間から粉塵が入り込むほどです。

また天井のベニヤを剥がす場合も同様です。特にベニヤはそのままでは捨て難いのでチェーンソーで分断して廃棄します。この時の粉塵もすごいことになっています。和室のリフォーム中は部屋が黄色く霞んでいます。

音がすごい

それほど大きい音は出ないだろうと思っていましたが、実際には壁を取り壊すときの金槌の音やベニヤやコンパネを裁断するチェーンソーの音、またドア部分に付く新規の壁を造作するときの音など、外でやっている工事と同じような音がします。

リビングのとなりに和室がある場合は地獄

リビングのとなりに和室があって、和室をリフォームしてリビングと一体にしたい、と考えている方も多いですが、住みながらのリフォームはあまりお薦めできません。先述の通り粉塵がすごいです。養生をしたとしても確実にリビング、キッチンまで粉塵が舞い散るでしょう。

特に音もすごいですし、生活の中心で職人が作業するので気も使います。できれば入居前に終わらせておきたいリフォームです。