ペットと暮らすためのリフォーム

ペットを意識したリフォーム

ペットと暮らすためのリフォーム

ペットも暮らしやすいように、また不快な臭いなども軽減してくれるようなペットを考えたリフォームも流行っています。特にペットが高齢になってくると、若い頃よりも体にかかる負担が大きくなるため、できるだけ段差をなくしたり、また床はすべらないものにするなどが必須になるでしょう。

大型ペットを買っている方は床の傷もそうですし、室内の匂いなども気になる方がいると思います。一度リフォームする場合はペットを飼っていることによる弊害を改善できるものを取り入れるとよいでしょう。

そしてペットが過ごしやすい室内環境を考えると、自ずとどのようなリフォームがペットと暮らしやすい環境を作るかがわかっていきます。

床を滑りにくく傷つきにくいものにする

床は特に傷つきやすくなりますので、まず傷がつきにくい素材を使ったものを選びましょう。
さらに犬はフローリングなどでは滑ってしまい生活しにくいのが実情です。実際滑るフローリングやタイルなどでは立っている姿勢を維持するのも大変なようです。

フローリングの場合は滑りにくいものを使うか、滑り止めのワックスをかけるようにしましょう。
また、タイルを使う場合は光沢のない、表面がデコボコした素材のものを選ぶと良いでしょう。ツルツルの大理石はペットにとっては暮らしにくいものなのです。

壁の素材でペットの臭いを軽減する

ペットを飼っていると気になるのが臭いです。壁紙によっては臭いを吸着してしまうので壁紙や壁の素材選びもペットの臭い対策ができるようなものを考えておきましょう。

機能性素材と言われているエコカラット珪藻土などがお薦めです。