フローリングと絨毯の比較

フローリングがベストとは言い切れません。絨毯にも良さがあるのです。

フローリングと絨毯の比較

洋室は基本的にフローリングか絨毯かで分かれるはずです。昔のマンションだと絨毯でしたが最近はフローリングであることがほとんどです。では絨毯がすべて悪いのかというと実はそうでもありません。

ここではリフォームの際にフローリングにするか絨毯にするかを比較できるようにしたページです。それぞれの良さ、掃除のしやすさ、快適さ、さらには見た目のインテリアとしての素材としてこれらの良さをそれぞれご紹介していきます。

フローリングのメリットとデメリット

木目が美しい、掃除がクイックルワイパーなどで簡単にできる、色や材質・木幅を選べるなどがあります。最近は床暖房を入れればフローリングの冷たさは感じなくなっていますので、環境によっては良いでしょう。ダニやハウスダストが気になる方はフローリングが向いています。

しかしガラスなどを落とした時に割れる、マンション規約で防音フローリングにしないとダメ、家具などによる傷が目立つなどのデメリットもあります。また床暖がなければ冷たくて裸足では歩きたくなくなります。

絨毯のメリットとデメリット

絨毯は色、材質、毛足の長さ太さなどを選ぶことができ、薄めのものからふかふかの柔らかい物までいろいろと選べます。冬は絨毯だけでも冷たくならないのでエコであると言えるでしょう。ホテルのようなラグジュアリーなイメージにしたい場合は高級絨毯を選ぶと雰囲気が出ます。板の間と絨毯の差がここで出ます。またペットがいても歩きやすいというメリットもあります。抗菌、防ダニ、防臭、防汚というような高機能絨毯も出ています。

絨毯のデメリットは、掃除機だけではホコリやダニなどを取りきれない場合があることです。またジュースやコーヒーをこぼした時のシミ汚れが残ってしまいます。きれいにするならプロの業者に頼む必要があるでしょう。また、高級な絨毯は見た目も美しいですが価格がフローリングの倍以上になってしまうなどコストがかかってしまう場合もあります。特にリビングなど面積が広く安っぽさを出したくない場所では価格と予算のバランスが難しいかもしれません。

リビング等はフローリング、寝室は贅沢な絨毯

リビングなどの面積が広く家具がいくつも置かれる場所は傷や汚れの面からもフローリングが良いでしょう。急な来客時もササッとクイックルワイパーで掃除すればおしまいですし誰にでも清潔感を与えられます。

寝室はプライベート空間ですし、落ち着いた空間にしたいでしょう。また素足で歩く場所でもあるので温かい絨毯がお薦め。寝る前や起きたあと足をついたらヒヤッとした、なんてイヤですよね。絨毯なら贅沢なフカフカ感と暖かさ、見た目の優雅さで寝室には向いています。寝室のクローゼットに着替えを入れていて、そこで着替えまですべてしてしまう場合は尚更絨毯のほうがよさそうです。

部屋によって床材が違うことで変化が出る

すべての部屋が床材が同じ、壁紙も同じ、では統一感はでますが飽きがくるでしょう。寝るときは落ち着いて、リビングはみんなが集まれる場所、そんなふうに部屋別に床材を変えてみるのもいいですね。

壁紙などを変えると一気に変化を楽しめますよ。
リフォーム ホームプロ