失業保険の住宅手当をもらう

失業保険とは別に住宅手当をもらう方法

失業保険の住宅手当をもらう

住宅手当は単身者53,700円、複数世帯69,800円が支給されます。
住宅を失った、または失いそうな方で、就労能力と意欲がある方を対象としています。

給付条件を満たす必要がある

この制度を利用できる人は以下の条件にあてはる人になります。

家を失ってしまった場合は協力不動産会社へ行くと住宅を探してもらうことができます。

失業保険受給中に住宅手当をもらうためにすること

住宅手当の支給期間は最長9ヶ月です。
その間にしなければならないことは以下の通りです。

休職中に生活の基盤である住宅が危ないときは必ず住宅手当の受給資格に適合しているか確かめましょう。生活がきになり求職活動が上手く出来ない場合もありますので、担当者へ問い合わせてしっかりと住宅手当を貰えるように動きましょう。

失業保険の住宅手当申請に必要な書類

失業保険の住宅手当をもらい続けるために必要なこと

失業保険の住宅手当ては申請が通ったらあとは自動的に家賃が無料になるもしくは補助してもらえる、というわけではありません。

これらが義務付けられていて、改善されれば住宅手当はなくなりますし、そもそもこれらが守られなければ住宅手当は打ち切られます。

失業保険の住宅手当をもらうのは意外と続けることが難しく、この手間を考えると面倒だなぁと思うことがあると思います。が、かなり手厚い保証ですから、次の仕事が見つかるまでは失業保険の住宅手当をもらうのをお薦めします。