失業保険受給中に早く就職をして手当をもらう方法

再就職手当をもらう方法を詳しく解説

失業保険受給中に早く就職をして手当をもらう方法

失業保険が貰える期間中に就職してしまうと損してしまうと思いがちですが、実は一定の条件を満たして早く就職先が決まると手当が出ます。

再就職手当のもらい方

再就職手当は安定した職業についたときにもらえます。
その再就職手当の金額を割り出す計算式は

『給付残日数 × 30% × 基本手当日当額 = 再就職手当』

となっています。意外と多く貰えるので、就職を本気で考えている方は手当をしっかりもらえますよ。安心してください。

再就職手当の受給資格

再就職手当の受給資格は以下のとおりです。
全てに当てはまる必要があります。

就業手当のもらい方

再就職手当は貰える金額も大きいので、受給資格のハードルがかなり高いのがネックです。

しかし実は上記の再就職手当の条件に当てはまらなくても『就業手当』というものがもらえます。
支給額はの計算方法は
『就業日 × 30% × 基本手当日額 = 就業手当』
となります。