失業保険中に傷病手当をもらう

病気や怪我になっても安心して受けられる傷病手当

失業保険中に傷病手当をもらう

傷病手当とは、失業保険受給者が求職申し込みをしたあと15日以上引き続いて疾病、怪我などで就職できない場合に基本給付を受けられるものです。傷病手当は基本手当と同額の日額がもらえます。

条件

失業保険中に傷病手当をもらうためには下記のような条件が必須となります。

これらの条件を満たし、手当を受けるだけのことが続いている場合に傷病手当が受けられます。

傷病手当と傷病期間

傷病期間14日以内の場合

基本手当がもらえます。医師の診断書を提出して認定日に行けば大丈夫です。

傷病期間15日以上から30日未満の場合

基本手当の代わりに傷病手当をもらいます。病気やケガが治った後の、最初の認定日に傷病手当の申請手続きをします。

傷病期間30日以上の場合

傷病手当をもらうか、基本手当の受給期間の延長をするか選ぶことができます。

傷病手当をもらった日数は基本手当の日数から差し引かれます。

傷病手当の金額

傷病手当金の支給額は標準報酬日額の3分の2となっています。