失業保険を長くもらい続ける方法

90日以上失業保険をもらう方法

失業保険を長くもらい続ける方法

失業保険の給付期間は雇用保険の加入期間によって違います。
例えば雇用保険に加入していた期間が10年未満で自己都合退職の場合は90日です。
詳しくは『失業保険が貰える期間』のページをご参照ください。

失業保険の給付金が貰える3ヶ月間を超えてさらにもらい続ける方法。何もしないでもらい続けることはできませんが、働きたくもない会社で無理に働く必要がないことも知っておいたほうが良いでしょう。

自分に合う会社に就職できるようになるためのノウハウを学びながら給付金をもらい続けましょう。

公共職業訓練を受けている期間は失業保険給付期間が延長される

就職を有利にする公共職業訓練の講習を受けている期間は上記90日を過ぎても講座が続く場合、失業保険の給付も延長されます。
例えば6ヶ月の講座だった場合、本来なら3ヶ月しかもらえない失業保険が6ヶ月貰えるようになります。

公共職業訓練は手当が1日500円程度しかもらえないと思いがちですが、実際は長い講座を受けてその失業保険を長期間貰えるテクニックにも使えるのです。ただし、公共職業訓練は就職したい職業のものや求職活動が有利になるものを選びましょう。
無駄に公共職業訓練を長く受けても終わった後に就職できなければ収入なしの状態になってしまいます。