失業保険の振込日

失業保険の入金日とそれまでの手続き

失業保険の振込日

失業保険は4週間ごとに行われる『認定日』に行くことによって振り込まれます。
認定日に必ず本人が出席しないと失業保険は給付されません。

単純に失業保険申請をしておけばあとは勝手に失業保険が振り込まれるだろうと思っているとまた逆に面倒だなと感じますが、本来の失業保険は失業中に再就職するまでの間生活をサポートするという意味があるわけで、再就職の過程で認定日を確認する必要があるわけです。

ごろ寝していてお金が貰えるものではない、ということは意識しておきましょう。

初めて失業保険をもらうまでの流れ

  1. ハローワークで求職票に記入し仕事を探す手続きをする
  2. 窓口に離職票を提出し、失業保険の手続きをする
  3. 失業保険の給付条件を満たしているかどうかの面接に行く

以上の手続きが進むと失業保険の受給資格者となります。
この時に失業認定日の日程が書かれた『雇用保険受給資格者のしおり』をもらいます。

失業保険が振り込まれる日

7日後に初回説明会が開かれ、『雇用保険受給資格者証』と『失業認定申込書』を受け取ります。
失業給付の申し込みをしてから4週間後に『失業認定日』がきます。
失業認定を受けると7日後に失業保険が振り込まれます。
失業認定の日に次の認定日がわかります。