自己都合退職ですぐ失業保険をもらう方法

自分で判断せず、退職理由を話してみましょう

自己都合退職ですぐ失業保険をもらう方法

会社都合で退職した人は7日後に失業保険がすぐにもらえます。
その一方で自己都合退職した人は実質4ヶ月後にならないと失業保険が給付されません。

しかし、自己都合退職でも場合によっては待機期間を経ずともすぐに失業保険が貰える場合があります。これは知らないとそのままになってしまい、本来は貰えるはずの失業保険をもらわずに4ヶ月間スルーして待機している例がかなり多いのです。

自己都合退職の場合でも下記のような条件を満たしていればすぐに失業保険がもらえます。

自己都合退職でもすぐ失業保険を貰える条件

などです。
自己都合退職の場合でも退職理由をしっかりと伝えたほうが待機時間がなくなる場合があります。

また最近ではうつ病によって仕事ができなくなってしまうことは珍しくありません。雇用形態については色々とありますが、うつ病になっても次の仕事を探す意欲を治療しながらできるのであれば、まずすぐに失業保険が貰えるかどうか確認すべきでしょう。親などに頼んでもいいと思います。

ポイントとしては、勝手に自己都合退職だと諦めずに、退職理由を告げるべき、ということです。4ヶ月の待機期間は異常に長いので、すぐ給付されるのであれば貰ったほうが良いことは言うまでもありませんから。