失業保険が貰える人、貰えない人

あなたは失業保険もらえる?もらえない?

失業保険が貰える人、貰えない人

会社を辞めたら失業保険を貰えると思っている人がほとんどだと思いますが、実は貰える人と貰えない人が出てきます。あなたはどちらなのか、ここで見ていきましょう。

失業保険がもらえない人

  1. 美容器や怪我ですぐに就労できない人
  2. 妊娠、出産、育児でかぐに就労できない人
  3. 定年退職、結婚等で辞めてすぐに就職する意志のない人

上記の場合は失業保険はもらえません。
失業保険は基本的に仕事ができて、仕事がしたいけど就職するまで時間がかかってしまう場合に給付されるものなので、3つめの就職する気がないのにお金をもらうために失業保険を申請することはできません。

失業保険がもらえる対象者

6ヶ月雇用保険を支払った人

失業保険をもらえる人は、会社で働いていた時期に雇用保険を支払っていた人が対象です。
会社を辞めたら誰でももらえるわけではなく、ハローワークに行き求職申し込みをしないともらえません。
さらに2年間の在職中に6ヶ月間雇用保険に入っている必要があります。
これは連続6ヶ月ではなく、2年間の間で細切れでもいいので6ヶ月分雇用保険を支払っていればOKです。

ハローワークに行って手続きをした人だけが失業保険を貰える

基本的にはハローワークへ行き、自分で手続きをしないと雇用保険を支払っていてももらえません。普通は求職活動するためにハローワークへ行くことがほとんどですので、その際に失業保険給付の手続きをすることになります。