花粉症で不眠症になる

花粉症で寝付きが悪くなり不眠症になる

花粉症で不眠症になる

花粉症の方は薄々感じていたのではないでしょうか。もしくはまったく不眠症とは結びつかないと思っていましたか?実は花粉症患者をみてみると不眠症であることがとても多いのです。

鼻づまりが不眠を招く

花粉症で不眠症花粉症になるとくしゃみや鼻づまりがひどくなりますが、この鼻づまりによって花粉症の半数以上が不眠症になるというのです。鼻づまりは息苦しいので、これが寝付けない原因となっていますが、これに加えて口呼吸になっていることも不眠症に繋がります。

鼻呼吸というのは頭をスッキリさせる効果があるのです。これは鼻という器官が脳に繋がっていることと粘膜などで保湿されて肺に届くからです。
新鮮な空気を吸う時って思わず鼻からスーッと大きく息を吸い込むのがわかるでしょう。自然と鼻呼吸になるわけです。
これによって安定した熟睡を得ることができるのです。

花粉症で不眠症しかし睡眠時の呼吸が口になるとどうでしょうか。口呼吸の場合、脳にまで酸素が届くまでに肺と心臓を経由しなくてはならず、軽度の低酸素状態になるというのです。小さな差ですが、蓄膿だったり口呼吸でしか呼吸しにくい人は注意力が散漫だったり頭が重いといった症状が出ているのです。

寝る前は花粉症の症状を軽減させる必要がある

花粉症で不眠症安定した睡眠を得るために、寝る前は花粉症の原因となるものを排除しておきましょう。空気清浄機を置くことや、寝る前に薬を飲んでおくなど。
鼻づまりで口呼吸になっていることが不眠症の原因であることは本人でもなかなか気づいていません。ぜひ一度試してみてください。きっとスッキリとした睡眠を手に入れられるでしょう。