昼寝で夜眠れないときの対処法

しっかり夜眠れるような昼寝の仕方

昼寝で夜眠れないときの対処法

特に主婦に多いのが家事をして昼食を食べてまったりしていたら眠くなってついつい昼寝をしてしまうというものです。起きたとしても体がだるいし本調子にならず、そのまま夕方になって、夕飯の支度をしていたら夜なかなか寝付けなくなってしまった・・・。

これをどうにかして解消する方法を解説します。

昼寝をするときは20分以内にする

昼寝で夜眠れない基本的に朝ちゃんと起きている人であれば、体内時計が正常に動いているので昼食後2時くらいまでに確実に眠気が襲ってきます。これは体がこうなっているので誰でも同じです。ご飯を食べた満腹感からも眠くなるのは当たり前。でもこれを我慢するのもよくありません。

昼寝をする場合は20分以内にとどめておきます。こうすることで一気に深い眠りを得て、その後のレム睡眠に突入する前に起きて頭がスッキリするからです。目覚めは良いですし、20分で目覚ましをかけて確実に起きるようにします。

どうしても長く寝てしまうという人は、15分ずつ毎回の昼寝を短くしていきます。少しずつでいいので確実に短くして20分以内の昼寝に慣れていくようにしましょう。

長い昼寝をしてしまった場合の対処法

昼寝で夜眠れないもし長時間昼寝をしてしまったら、30分程度の散歩などで体を軽く動かしましよう。注意点としては激しい運動ではなく緩やかで軽い運動が良いということです。これによって副交感神経が優位になりよるに寝つきやすくなります。

逆に激しい運動をしてしまうと副交感神経が優位になってしまい眠れなくなってしまいます。

昼寝をしても熟睡できるお薦めサプリメント

スヤナイトαスヤナイトα
睡眠ホルモン「メラトニン」を生成するアミノ酸「トリプトファン」配合、さらにアミノ酸のグリシンや落ち着かせるハーブ、カモミールなどを配合していて、熟睡へ導くサプリメントとして人気があります。30回分で約6000円、1回あたり200円以下で熟睡できますのでお薦めです。