熟睡できる寝室

熟睡できる寝室、寝具にする方法

熟睡できる寝室

良く眠るための寝室というのが実はあります。温度、湿度、暗さなど、寝室を快適にすることで熟睡が可能です。朝起きても疲れが取れない、眠れた感じがしないと思ったらまずは寝室を見なおしてみましょう。

寝室の温度と湿度を最適にして熟睡する

熟睡できる寝室快眠するためには温度と湿度がとても重要です。
布団の中の快適な温度は33度、湿度は50%と言われています。この温度湿度を実現するためには寝室の温度と湿度を季節によって調整する必要があります。

夏は26度以下、湿度50-60%がベストです。
エアコンをかけて温度調節をしますが、冷房の風が直接当たらないようにしましょう。

冬は16-19度。湿度は夏と同様です。寝る前に寝室を温めておくと良いでしょう。

快眠するための寝具選び

熟睡できる寝室夏と冬では寝具は当然違いますよね。それでは季節ごとに快適な睡眠をとるためにお薦めの寝具をご紹介します。

夏は湿気がこもらないように麻素材のものを取り入れるなどすると良いでしょう。熱がこもらず湿度も一定に保てます。
冬は保湿が大事ですので羽毛がベストです。軽くて暖かく、熟睡できるはずです。

寝室の明かり

熟睡できる寝室体内時計の問題で、寝る前に強い光を浴びることは絶対に避けたいところです。寝室は天井から寝室全体を照らすような明るい照明は避けて、シェードのついた小さな照明が良いでしょう。寝る前はこれくらい暗いほうが落ち着きますし、目が冴えるのを防ぎます。

照明に関連して、寝室は少し落ち着いた色で統一するのも手です。壁紙を真っ白で明るいものにするのではなく、少しベージュがかった感じにするなど、明るさを感じないほうがスムーズに入眠できて熟睡できます。