寝酒は不眠になる

寝酒の弊害

寝酒は不眠になる

酒を飲まないと寝れないんだよ、この時点で不眠症になっています。普通はお酒を飲まないで眠れるわけで、特にアルコールで眠りにつくことが常習的になっている人は睡眠の質も悪いことが分かっています。

不眠症の原因として寝酒が挙げられています。アルコールで寝付きが良くても深い眠りにはいらないからです。

なぜお酒を飲むと眠くなるのか

寝酒は不眠お酒を飲むと体温が下がりやすくなります。特にアルコールが体温を下げてしまうのです。一時的に暖かくなりますが、これは体温変化を見ればわかりますが低下していくと眠気が襲ってくるのです。

そしてアルコールが良くないのは眠りにつくのはいいけど、そのあと熟睡はできていないということです。アルコールを摂取すると3時間後にはアルデヒドに変化します。これが交感神経を刺激することで体温と心拍数を上げます。

体温があがるということは・・・眠れていないということです。睡眠は体温が下がると共に熟睡状態になり朝目覚めて体温があがるサイクルがあります。これが寝ている時に勝手に体温上昇をしていたら活発な活動が行われているわけですから体が休めていないことになります。

次第にたくさん飲まないと眠れなくなる

寝酒は不眠最初は寝る前に一杯、という感じでも、次第に二杯、三杯と増えていき、たくさん飲まないと眠れなくなってしまいます。こうなったら確実に不眠症になっています。
寝酒は良くないというのはこれらが原因なのです。

夜お酒を飲むことがほとんどだと思いますので、お酒を飲むのであれば寝る3時間前までにしておきましょう。飲み終わってから3時間経って寝るというのも辛いと思いますが、それくらい睡眠の質を下げてしまうということを覚えておきましょう。