空腹で眠れないときの対処法

お腹が空いて眠れない時のお薦め食べ物

空腹で眠れないときの対処法

熟睡するには寝る前に食事をして体温を上げるのはよくないことです。だから早めに夕食を食べてさあ寝ようと思った時にはもう空腹で眠れないという方が実は結構います。

別にダイエットしているからとかではなく、寝る前に小腹がすいて眠気が覚めてしまうんですよね。ではどうしたらよいかを解説していきます。

眠れなかったらなにか食べてしまう

空腹で眠れない空腹で眠れない、そう感じたらおそらくそのまま眠るのは大変だと思います。ずっとお腹すいたなと思いながら交感神経が刺激されてさらに目が冴えてきます。頭もずっと空腹のことしか考えられなくなり、実際に胃が音を立てて動き始めます。

こうなったらもうどうすることも出来ないので何か食べてしまったほうが良いです。ただしここで食べてはいけないものが、甘いモノや油っぽいもの、アルコール、カフェインなどはダメです。甘いモノは脳がさらに活性化してしまいますしアルコールは質の低い睡眠しかとれなくなってしまいます。

寝る前に食べる最適なものは消化のよいもの

空腹で眠れない寝る前に食べても良い物、それは消化吸収のよい炭水化物です。おかゆやうどんなどが良いでしょう。やはり味付けが薄めになってしまうので食べた直後の満足感が少ないと感じますが、胃ではしっかりと食べたものが入ってくるので、食べて少ししてベッドに入るときには今までの空腹で眠れないという意識は薄くなっているはずです。

ガツ食いすれば満足度は高くなりますが、罪悪感なども高まってしまうでしょう。無駄なストレスは快眠の妨げにもなりますし、精神的にもよくありません。かといって小さなお菓子では満足できないはずです。

上記のお薦め食事を軽めに食べて寝てみてください。体への負担もなく熟睡できるはずです。