女性ホルモンと睡眠

女性ホルモンの変化と睡眠

女性ホルモンと睡眠

女性ホルモンの影響で女性の睡眠はかなりばらつきが出てきます。普通であれば体内時計を整えて快眠を得るのですが、そこに女性ホルモンの変化が加わるとなかなか難しいところがあります。女性ホルモンが睡眠に及ぼす影響を詳しく解説していきます。

生理前・生理中に眠気が強くなる

女性ホルモンと睡眠排卵後から月経までの間は女性ホルモンが影響して体温が上がります。普通夕方になると体温が下がって眠気が出てくるのですが、女性ホルモンの影響によって体温がなかなか下がりにくくなっています。その結果、なかなか眠れなかったり睡眠も浅くなります。

このため昼間に眠気が襲ってきて睡眠リズムが崩れることはよくあります。

出産後の睡眠

女性ホルモンと睡眠出産後は授乳や子供の世話で睡眠時間がバラバラになったり断片的になったり、ストレスでしっかり熟睡できなくなります。
またホルモンバランスが不安定になっているため睡眠自体が安定しないということがあります。

更年期の不眠

閉経後は女性ホルモンが減ることによって不眠になる方が増えます。
最近眠れないかもしれないと思っても女性ホルモンが影響しているとわかるだけで精神的な負担は随分減ります。

このように女性は年齢とともに女性ホルモンが大きく変化し、睡眠の質も不安定になります。