ぐっすり眠る熟睡方法

快眠、熟睡するための方法

ぐっすり眠る熟睡方法

ぐっすりと熟睡するためには寝る前にどうするかで決まります。基本はベッドに入る頃には体温が徐々に下がっている状態を目指すということです。また体内時計も狂わせないようにする必要もあるでしょう。ベッドにはいってすぐに気持ちよく入眠し熟睡する方法を解説します。

毎朝必ず朝日を浴び、起床と就寝時間は変えないようにする

熟睡方法朝は体内時計を整えるために朝日を必ず浴びましょう。これでメラトニン分泌を正常にして夜眠くなるサイクルが正常になります。
また起きる時間と寝る時間のサイクルをできるだけ一定にすることも大切です。今日は早く寝たけど翌日は夜中まで起きていた、という場合、睡眠サイクルが崩れてしまいます。

寝る3時間前までに運動をする

熟睡方法体温が下がると急に眠気が襲ってきます。ここで眠れればスムーズな入眠とともに熟睡が可能です。まず体温を上げるのは運動が一番。寝る時間の3時間前にウォーキングや筋トレ、ヨガなどをしておくとよいでしょう。これで体の奥から体温が上がります。

無理して寝る3時間前に運動する必要はなく、日中活動的に動いているかが熟睡するためには必要です。しかし事務職のような場合ずっと座っている事が多いので、帰宅後に運動することで熟睡を促すことができるのです。逆に言うと寝る直前に運動をすると体温が下がるのに時間がかかるのと神経系が興奮状態にあるのでなかなか寝付けない場合があるので注意してください。

ついでに食事も同様に3時間前までに済ませましょう。食べ物を食べると体温が上がるからです。健康を考えても食後に軽く散歩に行くのも良いですね。

お風呂は2時間前に済ませる

熟睡方法お風呂は寝る2時間前に済ませておきましょう。温度はあまり熱くない39度くらいのぬるめがベスト。ゆっくりと浸かって体を温めておきます。こうすることで自律神経がゆったりしていきます。
寝る前にお風呂に入ると汗をかくこともあり、体温がしっかりと下がって入眠がスムーズになります。体温が下がっていき、熟睡も促します。

寝る前に飲むと良い物

寝る前には水をコップ一杯飲む週間をつけましょう。寝ている時の発汗によって体温が下がり熟睡できるようになります。また健康上も脳梗塞、心臓病予防に良いそうです。

牛乳には心を落ち着ける成分が含まれているのでホットミルクを飲むのもいいですね。

逆に飲んではいけないものはお茶やコーヒーのカフェイン。ハーブティーも避けましょう。
アルコールも熟睡を妨げる大きな原因ですので飲まないようにしましょう。

寝室の照明を暗くする

寝室は明るい白い照明ではなく、落ち着いた薄暗いくらいのほうが眠りにつくためにはお薦めです。明るいことで体内時計が狂って寝付けないという人はとても多いのです。
お風呂から上がったら、部屋の照明を落として寝る準備に入ります。暗くなることで体内時計は寝る時間だと思い入眠を誘います。

寝るときの寝室は豆電球などをつけている方もいると思いますが、可能であれば真っ暗がベストです。